“ザ・ボラハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS へし折れたシマノ・バスワンXT1652-2について回想してみる。

<<   作成日時 : 2009/11/21 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

思えば、シマノ・バスワンXT1652-2とは
大変長い付き合いでした。

対スズキ(シーバス)用に購入したため
ほとんどブラックバス相手に使った記憶はありません。


ノーマル状態で使っていた初代と
富士工業GH15の12インチグリップモデルを継ぎ足して
7フィート10インチに改造した二代目で
計2本使用しました。

どちらも自転車輸送中に、ロッドベルトの脱落事故で
あえなく天に召されました。

マジックテープ式ロッドベルトの信頼性の低さを
その命と引き換えに教えてくれた恩人でもあります。

もう絶対マジックテープ式は使わん。クソの役にも立たんわ。
クソの方がむしろ役に立ちそうだ。畑の肥料になるし。

一番最初の出会いが、もう90年代末期でしたから
この10年程度(途中4年ほど休眠あり)を
共に過ごした思い出深いロッドとなりました。

90年代末期に、安くて気軽に使え、そこそこのパワーと長さを兼ね備えた
2ピースのベイトロッドといえば、これしかなかったのです。

今みたいにネット通販なんて一般的じゃなかった頃の話ですから。

旧モデルの話ではありますが、
1オンスのバイブレーションを普通に投げても平気でした。

80センチのレンギョをスレヒットさせても
不安なくファイト可能でした。

素人がむりやり7フィート10インチに改造した状態で
60センチオーバーのフッコをぶち抜いても
折れないどころか、尚も複数のフッコをブチ抜いた
非常にタフなロッドでした。

安価なエントリーロッドでありながら
平均サイズのブラックバスごときには
明らかにオーバースペックなロッドだったのではないでしょうか。
コストパフォーマンスが高すぎです。

但し、ミノーのストレートリトリーブ主体のシーバス用としては
ちとリアグリップが長めな気がします。

リールシートがあと5センチ後退していれば、
私のフッコハンティング用ショートロッドとして
採用したいところなんですが。


最新版のバスワン1652-2は、
ブランクカラーも変わっているようで
私が使っていた2000年末当時のモデルに比べると
微妙にスペックが強化されていますね。

数値では、ルアーウェイト上限が1グラム、
ラインLB表示上限が2LB上がっています。

ブランク自体も改良されたのでしょうか。

生の状態で、もう一度使ってみたいロッドであります。


シマノ・バスライズ1652−2について










【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文



変熊の愛用品


予備ピンがあれば安心


ご機嫌のスナグレス性能


ロッドのバランス調整
ルアーの重量調整
いろいろ使える


塗膜強いし
1液型より長期保存可


このブログ認定
修理改造用神素材


リップ削り過ぎた?
これ使って埋めろや。


ここから始まる
地獄へのお付き合い

へし折れたシマノ・バスワンXT1652-2について回想してみる。 “ザ・ボラハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる