“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS アンバサダーSM3000C系は、ABU版スピードスプールか!?

<<   作成日時 : 2010/03/02 20:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像














以前、アクシス100関係の記事で
アクシス100ベースの現代版スピードスプールが欲しいという主旨の
記事を書いた記憶があります。

今年になって手に入れたこの2台のアンバサダー、
S1600CとT3000Cを見比べていて
T3000Cの簡素で剛健な構造に感銘し
これはABU版のスピードスプールだなという確信を強くしました。

スピードスプールは、非円形ベイトリールのはしりとして
知られているリールです。


スピードスプールは
円形ベイトリールが分離式レベルワインドにしても
古式アンバサダーのような同調式レベルワインドにしても
放出抵抗やフリクションで飛距離を損なうために
ボディの円形を崩してレベルワインドを前進させ、
放出抵抗の軽減をはかるというコンセプトのリールだったと思います。

アブガルシアは、90年代半ばにそれを実現してくれていたのですね。
現物をばらして整備して試投してみて
そのことがやっとわかりました。

T3000C(というかSM3000C系列)は、
円形とはいえない潰れたフォルムをしていますが
内部パーツはS1600Cとほとんど同じ。

パーツリストを照合してみるとわかりますが
ハンドルとドラグノブ、リテーナーは別物ながら
たぶんそのまま使えると思われます。
ドラグスプリングワッシャーから内側は全て共通パーツ。

レベルワインドはさすがに別物ですが
メカブレーキノブ関係はきっとそのまま使えそう。
キャップ以外は共通パーツだもの。

クラッチ関係も、サムバーと連動する板状の部品が
S1600Cは22094
T3000Cは22215なだけで
あとは同じ。
ピニオンギアも共通パーツの22222。

メカプレートはさすがに別物ですが
ハンドル側プレート内蔵部品の
徹底的な互換性の高さは驚異的ですらあります。

画像













スプールも、スプール本体を除いて
全く同じ部品が使われています。
スプール周りの小物部品については、
なんとブラックマックススプリントとも同じ部品でした。

1600系と3600系の部品も、多くは共通のようですので
アンバサダーSM系のリールを複数持っていれば
パーツ供給を完全に断たれたとしても
かなりの年月をこのリールで戦える可能性があります。

なんという実戦思想。

単なるコストダウンだけでなく
同じリールを長年使い続けて欲しいという
ABUの職人気質が感じられて非常にGOOD!

まさに男の道具です。

SM系アンバサダーはご存知の通り製造中止になって久しいですが
クラシックアンバサダーみたいに、10年に1度くらいでいいから
スポット的に限定復刻してほしいリールです。

もちろん、ちゃんとメイドイン据え膳でね。

画像











遠心ブレーキは、前回試投で
「効き過ぎじゃね?」と思ったので
更に切り詰めて短くしました。

少しは制動力を落とせたはず。

1個だけだと不安定になるから、やっぱり2個。
これで効き過ぎても、バックラッシュしにくければOK。
前回よりは遠くまで飛ばせるはず。



アブガルシア/ABUアンバサダー 1500C BURGUNDYアブガルシア/ABU アンバサダー 1500C BURGUNDY
ウォーターハウス楽天市場店
★ロッド&リールキャンペーン開催中★アブガルシア/ABUアンバサダー 1500C BURGUNDYが


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る







【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
過去記事にコメントですいません。
T3000Cを中古で購入して,
説明書とかもないので我流で使っていたのですが,
最後の画像を拝見して,
ここに遠心ブレーキ(ブロック?)をつけるのか,と初めて知りました(笑)
私の中古にはついてなかったんですよね。
ブレーキブロックもう部品販売してないですよね,やっぱり。

詳しい分解,解説ありがとうございました。
なぱ
2010/07/17 01:07
はじめまして。
過去記事だろうと最新記事だろうと
コメントは歓迎いたします。

T3000Cのブレーキブロックは、
私も純正品は使っていないのです。
効きすぎと聞いていますので。

使い終わったボールペンの芯を
短く切ったもので
普通に代用できます。
写真のものは、短くしすぎたかも。

ボールペン芯は
穴が小さくてきついはずですから
ルーター等で穴を広げると
ちょうど良くなります。

しかし純正品に比べて脱落紛失が多いため
予備をたくさん作っておくと便利です。

後日、ブレーキブロック自作の記事を
アップしたいと思います。
SK
2010/07/17 02:59
お返事ありがとうございます。
私もボールペンの芯で作ってみます。
しかしT3000Cは重いですね(笑)
現在,主力はスコーピオンを使っているのですが,
T3000Cはバス釣りを始めた頃に買った思い出のリールなのでまだまだ使ってやりたいと思います。
記事楽しみにしています!
ありがとうございました。
なぱ
2010/07/18 22:46
T3000Cは、
ツインブレーキで使ってこそ
その真価を発揮すると思います。

ボールペンも、
気安く捨てられなくなりました。
赤ボールペンの方が
芯に色がついていて
落としても見失いにくい気がしました。
SK
2010/07/19 22:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アンバサダーSM3000C系は、ABU版スピードスプールか!? “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる