“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 中古購入者に送る「アンバサダーSM3000C系簡易分解整備マニュアル」。

<<   作成日時 : 2010/05/23 20:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
















アクシス100旧型の後継として
現在主力の座にあるアンバサダーT3000Cです。

米国仕様と日本仕様は同一構造だし、
SM3000CやS3000C、T−PRO・3000CLW、
トルノといった同系列リールも
基本構造は一緒のはずだから
より良いコンディションを保つために
参考資料をアップしておきます。

説明書のない中古品を買った人のための
アンバサダーT3000C取り扱いマニュアルです。


SM3000Cはベアリング数が3個多いだけ。
S3000Cはマグ省略モデル。
トルノ系は樹脂ボディなので
ハンドル側カップ固定ネジが2本多いそうです。






【 ブレーキの調整について 】

マグブレーキは、左側のレバーで調節します。

フリッピングスイッチは、クラッチサムバーについています。
あとの操作は普通のベイトリールと一緒。

遠心ブレーキブロックは、純正のものがついていなければ
ボールペン芯のパイプをカッターで切り出して
ヤスリで整形して自作しましょう。
ブロック固定ヒンジの半分程度の長さのものを2個いれておけば
普通に使えると思われます。

純正は効き過ぎみたいなので、ブレーキブロックは自作をお勧めします。
マグ派の人なら遠心は撤去してもいいかも。

遠心派の人は、マグを外して遠心ブレーキモデルとして使えますが
部品紛失の元ですし
私は、自作ブレーキブロックでの
遠心マグ併用スタイルを強くお勧めします。

遠心での制動力を最小にして、あとはマグで何とかするのが
バックラッシュしにくく飛距離も出せると思います。

オフポジションでもマグは効いています。
制動力0ではないな。


以下、使い終わった後のことをば。





1.簡易分解手順

 左側パーミング部のスプールバヨネット(蓋)を
 取り外します。

 パーミング部下部フラップを起こして回転させ、

画像












 赤点同士を合わせます。

画像


















 あとは、簡単に引き抜けるはず。

画像













 スプールを引っこ抜いて
 (ブレーキブロックはボールペン芯加工品です)

画像














 


このリールフットの脇のネジと

画像















 サムレスト下のフレーム内にあるネジを外します。
 ここのネジは長いドライバーでないと外せないという…。
 付属工具の立場がないぞ。
 中古で本体のみだとレンチ自体ついてないと思うけど。

画像















 
 スプールと機関部の注油なら、このレベルの分解で十分です。

画像











アブガルシア純正マニュアルでは、
注油箇所について、メインギアにグリスを、
それ以外の回転部分にオイルを注すという指示があります。


画像
















私は、メインギア三段重ね部にグリスを塗っています。
メインギアにグリスを塗っておけば
自然とピニオンギアにもグリスが回るはず。



回転ノコギリみたいな銀色の部品は
クラッチを蹴って戻すための部品です。

レバー側のヒンジが磨り減ったり
この歯車の歯が減ったりすると
クラッチを戻せなくなる可能性もあるため
常時グリスをつけておいた方がよさそうです。




厄介な分解をせずにグリスアップできる3000C系の構造は
非円形リールにしては便利かもしれません。

レボ系も分解に配慮した設計になっていると聞いています。



その他のハンドルノブ、ハンドル軸、ドラグノブ回転部、スプールシャフト、
ピニオン部、スプール内ベアリング、スプール左側エンド部プラキャップ、
遠心ブレーキステーのクラッチ咬み合い部には
ゆるいオイルを注します。

あと、レベルワインドのウォームシャフトにも
グリスですね。

オイルは、アブガルシアが純正品を出していますから
それが一番いいのかな。


ブレーキドラム内壁も、1回釣りに行けば
絶対汚れまくっているので
綿棒などで清掃しておくことにしています。
飛距離ダウンの原因になりますので。





終わったら、逆の手順で組み立てて
次の出撃に備えます。

海で使ったら、簡易分解状態で冷水シャワー後、
日陰干しで完全乾燥させてから注油かな。

なんにせよ、構造がシンプルなので
完全分解もさほど困難ではないです。



中古品でパーツリストが付属していなくても大丈夫。
まずは、アブガルシアの公式サイト
パーツリストを入手しましょう。
View Reel Schematics というリンクが入り口です。




リールのフットナンバーとモデル名を確認して
該当モデルのパーツリストをダウンロードして
保存しておきましょう。


機関部分解編
フレーム分解編
参考:ブラックマックススプリントのスプール分解

アブガルシア(Abu Garcia)Reel Lube(グリス)
ナチュラム 楽天市場支店
/g1003/g209/g303/m003/●14g入り 1016493 摩擦係数を減らし、ギアの耐


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る







【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文



変熊の愛用品


予備ピンがあれば安心


ご機嫌のスナグレス性能


ロッドのバランス調整
ルアーの重量調整
いろいろ使える


塗膜強いし
1液型より長期保存可


このブログ認定
修理改造用神素材


リップ削り過ぎた?
これ使って埋めろや。


ここから始まる
地獄へのお付き合い

中古購入者に送る「アンバサダーSM3000C系簡易分解整備マニュアル」。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる