“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS ファインパック210ヘンクマカスタムのガイドセッティングが完了した。

<<   作成日時 : 2015/06/28 20:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像









ティップが純正でないため
トップから2番までは
パイプサイズが異なると思います。

もちろん、コストと割れにくさを優先して
Oリングを選ぶのが管理人の流儀です。

トップガイドはPOTの8−2.0。

2番遊動ガイドはWMOG8ー2.2を2.3ミリドリルで調整。

3番遊動ガイドはWMOG8ー2.7を2.8ミリドリルで調整したが
まだ穴が小さく、手持ちの安物3.0ミリ?ドリルの先端で
ちょっとえぐって2.9ミリ程度にして目当ての位置にセット。

4番固定ガイドは、WMOG10−4.5のパイプ内側を
少し削って調整。

5番遊動ガイドは、WMOG12−5.2そのまま。

6番固定ガイドは、
ダイワの投げ竿ロングサーフT-27-530Qが
富士工業カタログ未掲載のWMOG12−7.7を採用していたため
それを注文して調達しました。
パイプ径は特に調整せず。
これがなかったら、12−7.2を加工するしかなかったかな?

7番固定ガイドはWMOGの16−10.7です。
これも調整はしなかったような…。

糸抜けだけを考えて
リングサイズの大きいWMOGを選びました。
カーボン主体のバスロッドなら
磯竿用の小さいガイドを使っても
よかったかもしれないな。


今回は結局、全ガイド7個を購入することになりました。
トップガイドは手持ちのジャンクを使っても良かったんだが
手持ちはみんなガンスモークフレームだし
ファインパック純正ガイドは
品質が劣ると思うので
POTを新調しました。

POTは価格が安いので
あまり負担にならんがな。

ティップが黒くなったせいで
振動を目視しにくくなったため
銀のフレームのPOTが必要になったのです。


写真の状態は、まだ固定ガイドのみ接着しただけで
トップガイドは差し込んだだけです。

このあと、すぐにエポキシボンドを練って
接着してしまいます。

ティップ部分で全長が延びたのか
ようやくロッドネーム通り全長が210センチになりました。
今回のティップ換装前で209センチでした。
改造前だったら208センチくらいしかなかったことになるな。

今までは、ファインパック純正ガイドを使っていたため
ガイドのパイプがえらく大きかったり
ガイドの背が高かったりしたので
WMOG+POTに全とっかえして
ガイド周りがすっきりしたように思います。
軽量化もできたのではないでしょうか。

シマノホリデーパックのガイドを使って
更に軽くすることも考えましたが
ああいう片持ち式のテレスピンガイドは
強度的に問題があるようです。

パイプとガイドフレームの接合部が緩んでグラグラになったり
フレームが金属疲労を起こして破断するみたいです。

うちのファインパックカスタム2本も
2番ガイドに片持ち式の小径ガイドを使っていたら
210と240ともパイプとフレームの接合部に
ガタ緩みが発生しました。

アロンアルファを慎重に流して
補修してしまいましたが。

ファインパックカスタム長短2本を使っていて
この5年間に発生したトラブルは
そのくらいのものです。

ジョイントにロウを塗ってあったおかげか
ジョイントの固着トラブルは一切なし。

丁寧に接着しただけあり
固定ガイドが外れることもありませんでした。

240は、もくねんさんのフォアグリップが一部溶けて崩壊しましたが
そんなのは故障のうちに入らんよ。
いつでも直せますし。



来週は、エポキシも完全硬化していると思いますので
カーボンチューブラティップに換装した
ファインパック210ヘンクマカスタムフェイズ2のテストをします。

今日の夕方も突撃してきたんだが
全く釣れなかったので内緒にしとこう。














結構プロマリンもモデルチェンジが激しいね。

ファインパックの直系後継と思われる
CBモバイルパック(ダイワのとは違うよ)も
ベリの各店舗でまだ見かけますね。

どのモデルも再生産しないで打ち止めなのかな。






【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 自分は0.1_の調整は百均の棒ヤスリでチマチマとやってました。 現在ガイド無しで放置してるバスワンXT1551とクロスビート965Mを組むときは是非活用させて頂きます。
ショルダー野郎
2015/06/28 21:52
>ショルダー野郎さん

0.1ミリ未満の本当の微調整は
私もヤスリでやっていますね。
爪楊枝に貼った
サンドペーパーですが。

私も9フィートクラスの
モバイル振出ベイトロッドを
もう1本作ろうと思って
改造素体を選定中です。
SK
2015/06/29 20:33

コメントする help

ニックネーム
本 文



変熊の愛用品


予備ピンがあれば安心


ご機嫌のスナグレス性能


ロッドのバランス調整
ルアーの重量調整
いろいろ使える


塗膜強いし
1液型より長期保存可


このブログ認定
修理改造用神素材


リップ削り過ぎた?
これ使って埋めろや。


ここから始まる
地獄へのお付き合い

ファインパック210ヘンクマカスタムのガイドセッティングが完了した。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる