“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS プロマリン・ファインパック240ヘンクマカスタムにもバランサー追加してみた。

<<   作成日時 : 2015/08/29 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


できれば、モバイルロッドの自重は
これ以上増やしたくなかったんだけど
部材が余っているのでね。


ファインパックの場合、尻栓部分が樹脂製のため
濡れた雑巾をネジ部分に巻いてから
ドライヤーの熱風を当てました。
熱で変形したり劣化したりを防止するための処置です。


仕上がりは、こんな感じ。


画像










チンポ形状的印象は薄れたものの
今度は電マ的シルエットに近付いてしまい
どうしてもいやらしさが抜けなくて困るな。
管理人の工作能力というより
そういうものを想起してしまう汚れた精神構造に
深刻な問題がありそうな気もするが
40過ぎれば人間なんてみんなそんなもんよ。

ファインパック240ヘンクマは
もともと尻栓を大幅ウェイトアップしてあるため
グリップエンド部分2センチほどにヒューズを巻きつけています。
パシファン9フィートほど長大に巻かずに済みました。
ヒューズを3分割して巻いたため、
各ヒューズの繋ぎ目あたりはラバーを突き破らないように
アルミテープで保護してからチューブを被せました。


画像









改造直後の初期状態から
随分印象が変わったなあ。

フォアグリップにもラバー被せようかと思ったけど
もくねんさん部分の浸水は避けられまいと思って
そのまんま。
ある意味、ファインパック240ヘンクマカスタムの
チャームポイントでもあるので。

ファインパック240の改造修理履歴は

・TCSシートとWMOGガイドを利用してベイトロッドに改造。

・尻栓にウェイト追加(極厚板オモリ巻き付け)。※フェイズ2

・フォアグリップのもくねんさん部分が溶けて修理。

・ティップをリョービバスロッドのカーボンチューブラに無理やり換装。※フェイズ3

・富士工業のフックキーパー装着。

・リアグリップにヒューズ巻き付け。



現有ロッドの中では、一番手が加わっているかもしれません。


重心位置に問題のあった手持ち振出ロッドの現状。

画像














上から

ファインパック240ヘンクマカスタム
(リールはバルトムBC-X)

ダイワクロスカーボパシフィックファントムCC-903Tー3FSヘンクマカスタム
(リールはレボSTX)

ファインパック210ヘンクマカスタム
(リールはT3000C)


赤い線の部分が重心位置です。

ファインパック240とダイワパシファン9フィートは
ほぼリールの鼻面、フードナット部分まで重心が後退しています。

ファインパック210カスタムは
ややリールから離れたところに重心位置が来ています。

210モデルについては
ヒューズ巻きは見送りました。
このままでもいいや。
全長7フィート未満のロッドですから
特に持ち重りはないし
先日のガイド全とっかえで
バランスは向上しています。
せっかく原型ロッドと同スペックの重量で収まっているのを
無理に増量することもあるまい。



ウェイトを追加してしまった関係で
携行性はやや犠牲になりましたね。
まあ、仕方ないか。

リールのど真ん中まで重心位置を後退させるとなると
まだ相当のウェイトが必要だね。
これ以上重くすると、逆に腕の負担も増加しそうですから
このくらいで止めておくのが賢明かな。


テストしようにも、今日は雨です。








本当は、こういうのでオサレにまとめたかったんだが
振出ロッドだと全長が変化して
携帯性に影響したりするし(バッグに入らなくなる)
グリップエンドの構造の都合で装着自体が難儀なのでねぇ…。

ただ、ブラスウェイト3〜4枚じゃ
振出コンパクト改造ロッドの
バランス調整としては少なすぎないか?





【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロマリン・ファインパック240ヘンクマカスタムにもバランサー追加してみた。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる