“ザ・フッコハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 9フィート3ピース振出ベイトロッドのバランスチュ−ニング実践編。

<<   作成日時 : 2015/08/27 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4







今回調達したのは上記2点の資材です。

これで、あのクソ重い
ダイワ・クロスカーボパシフィックファントム(以下、CCパシファン)
CC-903T-3FSヘンクマカスタム9フィート振出ベイトロッドの
バランスチューニングをしてみます。


画像




このロッド、1990年代初頭の普及モデルで
カーボン比率が低いせいか
かなりの持ち重りがします。

尻栓にステンレスワッシャーや鉛玉を詰めて
バランスウェイト化してありますけど
それでもタックルセット時の重心位置は
リールのはるか前方でした。


以前に重心位置確認をしたときの写真。
今回のロッドは上から4番目です。

画像

















フォアグリップの真ん中の前寄りに重心がありますね。
リールはマクサー系ですから
軽い分だけトップヘビー気味か?

その後、尻栓にオモリを詰めて
重心位置を1〜2センチ後退させたものの
それとてもフォアグリップ真ん中より若干下がった程度でしたね。


リールの鼻面まで重心位置を持ってくるには
相当な量のウェイトが要るでしょう。
もう尻栓にこれ以上オモリを詰めることはできないのでした。

そこで、ネットでもよく紹介されている
ヒューズを巻いて熱収縮ラバーグリップでカバーする方法を
試すことにします。

まず、リアグリップに薄い両面テープを巻き付け、
その上からヒューズを巻いていきます。
両面テープを巻いておくと
まいたヒューズがずれないんだな。


画像



















今回は1.5ミリ径のチューニングシンカーを選びました。
7センチほど巻いて、やっとリールをセットした時の
フードナットのあたりまで重心が後退してくれます。

総重量はどのくらいになってるんだ!?www



続いて、熱収縮ラバグリを10センチほど切り出して
丁寧にかぶせます。

画像














収縮前のラバグリ内径は35ミリ。
リアグリップの直径は最大で
ヒューズ巻いても35ミリ以下だったはずだが
ギリギリでしたね。

画像

















あとは、説明書通りに回転させながらドライヤーの熱風を当てて
収縮させて完成です。


画像












おお、見た目はそんなに酷くないじゃないか。



リールをセットしてパーミングしてみれば
う〜ん、まあ軽くなった気がしないでもない。

ただし、ロッドの総重量は増加していますから
操作性が本当に上がったかどうかは
実際にテストしてみないとわからないね。

ちなみに、ロッド総重量は322グラムになっていました。
('A`)

原型ロッド(改造前スピニング状態)が210グラムで
ベイトキャスティング改造後はバランサー追加して
ガイドも3個増えて230グラムくらいになっていたはずだな。

結局、100グラム近くウェイトを追加したことになるんでしょうか?


実戦でテストしてみないと
効果の程は確認できず。
わりと操作性は良くなっていそうですぞ。



今回しくじったなと思ったのは
熱収縮ラバグリには「赤」もあったってことだ…。



































【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
流石は巨匠!

後の事なんか考えないで行動する姿勢が素晴らしいですd(^-^)
国王
2015/08/28 21:44
>国王さん

全て神の操作です。

ファインパック240にも
同様の処置をしてしまいました。
勢いってコハイ…。
SK
2015/08/29 12:56
 「こいつのグリップは赤く塗らねぇのか?」
ショルダー野郎
2015/08/31 15:05
>ショルダー野郎さん

ファインパックと違って
ブランクカラーが黒ですし
リアグリップだけ赤くても
キャスティング時には握り込んで見えず
リーリング時には
脇に挟んでやっぱり見えず
わりと意味がなさそうですね。




















「キサマ、塗りたひry」
SK
2015/09/01 00:28

コメントする help

ニックネーム
本 文


変熊向け




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

装甲騎兵ボトムズ VOL.1
価格:5832円(税込、送料無料) (2016/9/25時点)


9フィート3ピース振出ベイトロッドのバランスチュ−ニング実践編。 “ザ・フッコハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる