“ザ・フッコハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS プロマリン・ファインパック240ヘンクマカスタム(フェイズ3)をプチ改修したった。

<<   作成日時 : 2016/02/10 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像














フォアグリップのもくねんさん付け足し部分を
余り物のコルク材に交換しただけさ。

ジャンクパーツのコルク材をリサイクルしました。

イマイチ寸法が合っていないし
形がまだ整ってないし
コルクの目抜けもひどいもんで
あとでサンドペーパーで修正が必要です。

エポキシボンドでパイプシート部分の隙間を埋めて
コルクの穴や凹みは
セメダイン木工エポキシパテで埋めちまおう。

ロッドビルドだと
木工ボンドにコルクの粉を混ぜてペーストを作って
それで穴埋めをするというのが一般的ですね。

ジャストエースのコルクパテという手もありますが
いちいち購入するのも面倒だし勿体無い。
管理人の場合、グリップはEVAを好んで使っています。

風合いはコルクの方が良いし
天然素材の方が加工していて気持ち良いけど
コストがわりと厳しいし
カスタムだとコルクはなかなか扱いにくい素材なんですね。

フライロッドだとEVAってオサレじゃないんだが
ヘンクマカスタムでは外観は
二の次、三の次くらいの優先順位ですから
EVAでも良いのです。

一連の振出ベイトロッド改造で使ったジャストエースのEVAは
妙に柔らかくて粘りがあって
加工が面倒だったなあ。

コルクだと、穴の拡大が楽なのに
EVAだと僅かな穴の拡大に苦労します。

もう電動ドリルでリーマー使わんとダメかな。
しかし、まだ手元に電動ドリルはありません。
電動ドリルかリニア式エアコンプレッサーか
どちらを先に手に入れるかで悩んでいるところです。

電動ドリルも、あまり出番がないんだよな。
コンプも大掛かりな塗装にしか使わないので
購入のめどはまだ立ってないです。

ルアーの塗りはマジックとマニキュアだけでなんとかなるし
ロッドビルドもプランだけで
実際の作業には全然入れないね。

アンバサダーT3000Cヘンクマカスタムの塗り直し計画は
代替案イボマックス計画の一応の成功により
白紙に戻ってしまいました。
スコタコカラーのT3000Cを
作ろうとしていたのですけどね。



間に合わせ、思いつきのイボ攻撃だったけど
写真に撮ると案外サマになってんのな。

画像
































【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。
忘れていましたが、こんなモデルが発売される
ようですね。

http://www.alphatackle.com/trgr/tiptop16/
もみじ
2016/02/13 22:03
>もみじさん

こんばんは。
昔、中学の移動教室で入浴時に見た
旧友の珍々を思い出しました。










トリガー短すぎね?
SK
2016/02/13 22:22
お疲れ様です。
・・・まあモバイル用なので引っかかりを減らす
意味合いでこの形状なんでしょうね。
最近の黒鱒仕様のロッドににもこの形状が
採用されてきています。

7フィートは湾奥シーバスには丁度良いですね
私の釣り場だと7フィートはちょっと
短いですけどルアーの対応重量も丁度良いですね
もう1〜2フィート長ければポチってるかも。
もみじ
2016/02/14 18:44
>もみじさん

そうですね。
あと1フィート長かったら
ポチる変熊が
続出するはずですね。

705MHが仮に
表記スペックよりワンランクほど
パワーがヤワだったとしても
変熊用ショートロッドとしては
充分な可能性があります。
SK
2016/02/14 19:33

コメントする help

ニックネーム
本 文


変熊向け




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

装甲騎兵ボトムズ VOL.1
価格:5832円(税込、送料無料) (2016/9/25時点)


プロマリン・ファインパック240ヘンクマカスタム(フェイズ3)をプチ改修したった。 “ザ・フッコハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる