“ザ・フッコハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS ホリデーパック20−210のハンドルをぶち割ってみた(前編)。

<<   作成日時 : 2016/04/27 20:45   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像














まずはスクリューより前の部分から
半田コテ改造ツールで溶断してみました。

定石通り2箇所切れ目を入れてマイナスドライバーで割ろうとしたら
片側だけ簡単に剥がれて
片側はガッチリ残ってしまったw

リールシートとブランクのスペーサーは
タコ糸かよ。妙に貧乏くさいな。

いや、ベイトキャスティングに改造した
ダイワクロスカーボパシフィックファントム9フィートも
リールシートの下は2箇所に養生テープを巻きつけて
お茶を濁してただけだから
メーカー製ロッドと言えども
こんなものなのかもしれない。

数万円する高級ロッドで
隙間埋めがタコ糸だったり養生テープ(マスキングテープ)じゃ
ユーザーが黙っちゃいねえよなw


もし折れて使えなくなった高級ロッドがあったら
バラしてみると面白いかもしれないな。
高いだけで工作が雑だったりしたら
また一足先に自由になるメーカーが
1〜2箇所出るかもしれない



残ったのは、リールシートのフット固定部分側です。
これはもう一筋切り込みを入れて対処しました。



フードナット部分は富士工業製で
他のパイプシートと互換性があるはずですから
ストックしておきます。
手持ちのTCS−17とサイズが同じようだぞ。

画像
























シート前方のメタル製ワインディングチェック?部品は
ライターで軽く炙って万力に引っ掛ければ
外せるのかな?

とにかくこのリールシートを撤去しないことには
話が先に進まないのでした。











ダイワ(Daiwa) モバイルパック 806TMS 01403355
価格:11774円(税込、送料別)






やっぱりどうせロッドを作るなら
市場に存在しないカテゴリのロッドがいいね。
モバパは8フィートの振出ロングベイトロッド
出さないの?




【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


変熊向け




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

装甲騎兵ボトムズ VOL.1
価格:5832円(税込、送料無料) (2016/9/25時点)


ホリデーパック20−210のハンドルをぶち割ってみた(前編)。 “ザ・フッコハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる