“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS シマノ・ホリデーパック20−210ヘンクマカスタム建造計画大詰め。

<<   作成日時 : 2016/05/03 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


強風だし仕事溜まってるし
連休だけどホリパでも作るか。



まず、ACSシートのブランクタッチ穴の隙間問題を解決しよう。

今回も、ハンドル各パーツの接着は
60分硬化型エポキシボンドでやります。

コストと硬化時間は反比例するようで
90分硬化型なんて使った日には
ハードボイルド発生確定フラグが立ちます。

かといって30分硬化型はコスト増になりますし
現状、60分硬化型が無難な選択かなあ。
全然無難じゃないんだけど。

口金ガイド類の接着なら
一番ちっちゃいチューブの30分硬化型がおすすめです。

エポキシボンドだと、1ミリ以上空いている隙間を埋められません。
絶対に流れちゃう。

それに、ブランクはリールシート撤去時に
塗装が剥げまくっていますから
これを綺麗にして露出させるのも手間だ。

そこで、カバーパーツを製作して
ブランクタッチ穴にかぶせて処理することにしました。

最初はアルミテープを貼ってごまかそうとしたが
薄過ぎてダメダメ。強度もないし。

1ミリABS板をポケトーチで炙って
15ミリのアルミパイプに押し当てて
カバーを作ろうとしたんだが
これもうまく加工できずボツ。
加熱しすぎて素材が発泡しちまった。
ドライヤーじゃ全然柔らかくならんし。

アルミパイプに養生テープを貼って
その上にお馴染みプラリペア黒を薄く盛って
ハーフパイプ型のパーツを作ってみたら
これが何とか上手く行きそうなので
今度は組んだシートの上に
マスキングテープを貼りまくり
ブランクタッチ穴をプラリペアで埋めました。
こうすれば目当ての形は容易に出せます。

画像
















プラリペアのリキッド溶剤は強力なので
直接ブランクやシートにつけない方がいいと思うぞ。

固まったのを見計らってひっぺがし
薄いところに盛り足ししたり
ヤスリでガリゴリ整形してカバーパーツを作りました。

画像




















画像





















セットしてみると、若干隙間が空きますが
これはエポキシボンドで埋められるはず。
寸法的には、内径いっぱいの17ミリブランクを
通したくらいの太さになるようです。


画像















ACSシートの隙間処理は面倒だなあ。
次回からは、使い慣れたTCSシートを使おうか。
もう二度とロッド改造はやりたくない気がしてしまうが。

今回も予想通りエポキシ地獄で
ティッシュと綿棒とタミヤアクリルカラー用シンナーが
一気に消耗しました。



エポキシボンドには付き合っていられないので
ハンドル関係のパーツを接着して
ガイドまで一気にやってしまいました。

画像
















マスキングテープをうまく使って
各ジョイントがボンドで固着することのないよう
処理しています。

もちろん、組む前にジョイントにロウを塗りまくっています。
ファインパックの運用データから考えて
向こう5年はジョイント固着トラブルが起きないはずだな。

毎回書いてるけど
口金ガイド等のパイプ内部に
接着剤を塗ってはいかんぞ。
必ずブランク側のみに、爪楊枝みたいなのを使って
丁寧にボンドを塗りませう。


ホリパ純正トップガイドは
視認性の悪そうな黒塗りのガイドがついていたので
手持ちのシルバーフレームのトップガイドに
交換しました。

以前中古で買った振出竿についていたガイドなんだけど
これ、どうやら富士工業のトップガイド補修セットの
トップガイドみたいだ。




残り作業は、細部調整と外装バランサーの装着です。
早ければ、今週末の作戦で実戦デビューか?


























































【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがSKさん!オレ達に出来ない事(SVS等々の完全自作)を平然とやってのけるッ!!そこにシビレる憧れるゥ!! ちなみに自分はカスタムの際、この手間のが辛くてでACSの使用をやめました(笑)
ショルダー野郎
2016/05/03 18:18
1mm以上の隙間の穴埋めは、エポキシパテ プラスチック用も有りかなと思いますが…

流れることは有りませんね。
鎌海豚
2016/05/03 20:27
>ショルダー野郎さん

私もACSは懲りましたw
使い慣れたTCSがベストです。
SK
2016/05/04 10:40
>鎌海豚さん

エポキシパテって
実は接着力があまり高くなく
あとで負荷で剥がれて
線が走りそうだったので
避けました。

パテは硬すぎて追従性が
良くないみたいです。
SK
2016/05/04 10:44
最初の2行であるマンガを思い出しました。
もしかして関係あるのでしょうか?
k
2016/05/06 00:12
>kさん

ないと思います。

そういえば、
最近マンガって
あまり読んでないかも。
SK
2016/05/06 19:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
シマノ・ホリデーパック20−210ヘンクマカスタム建造計画大詰め。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる