“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 神の操作にやられた年末年始について。

<<   作成日時 : 2017/01/03 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10


ドキュメント愛読者の皆様
(最近は全国に7〜8人?)
あけましておめでとうございます。

タイムラグがあるけれど
紳士がそんなことを気にしてはイケナイ。


というのも、大晦日に
PCのOS(Linuxの方)がクラッシュして
その復旧作業にエライ手間をくってしまい
ブログどころか仕事すらストップする始末でした。

昨日の夜になって、ようやく復旧の目処が立ちました。
使用バージョンを上げたせいで
思うような環境を用意できず
試行錯誤のエンドレス作業になってしまい
KNOPPIXの再インストールを
合計20回位やったんじゃないだろうかw

産総研がKNOPPIXの開発を放棄してしまったので
日本語環境の最新版は
容易には使えんのです。

Ubuntuだと、旧型PCでは
動作が難しいだろうし。
(KNOPPIXでも15年前の機種では厳しいです。)

このブログの更新は、Linuxでやっているので
非常に困りましたね。

2016年を振り返るネタとか
来年(すでに今年)の抱負とか
テキストファイルで用意していた
記事の下書きが全部消えるという炸裂ぶり。

今年も神の操作は容赦ないようだなw


腹いせに、新年早々アントラーを調達してみた。

画像






















これであの「キャタピラ地獄」を
再現できるぞ。


だが、なんかサイズがおかしいな。

手持ちのセブンと比べると
明確に小さいw

画像























怪獣の世界にも
ダウンサイジングの波が押し寄せているみたいだ。

今回のアントラーと同シリーズの恐竜戦車があったら
確保しようか。

画像










写真のでかい恐竜戦車は
ずっとオフィスに置いていたせいか
妙に気に入ってしまった。

ベムラーもずっと飾ってありましたが
あれは年末に遊びに来た義兄に
レストアしたウルトラマンとセットで
プレゼントしたので手元にありません。


以前、中国銀マックスのレストアで使った
銀の三菱車用タッチペイントが
大量に余っているもんだから
有効活用するには
ウルトラマンの塗り直しは最適だなw

近隣で保育園を開設する計画があるので
ある程度ストックが貯まったら
寄付しようと思いましてね。
怪獣人形なら園児が手荒に扱っても
壊れにくいものね。


さて、今年のドキュメントの基本方針ですが
2017年は、ルアーの開発に力を入れようと思います。

現在のストックが尽きる前に

6センチショートリップミノー(フローティング)
9センチディープダイビングミノー
この2種は完成させたいんだ。

あと、9センチのややスリムな
ショートナローリップシンキングミノーと
立体屈曲オフセットリップ搭載のシンキングミノーを
開発しようと思います。

これらが完成すれば、
より完璧なヘンクマ対スズキ用システムが
実現することになりますからね。


それでは、
2017年も、管理人と地獄に付き合ってもらう!


































【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
地獄につき合わさせていただきます。
一昨日、今日と狙った獲物を取れずに雑魚ばかり上げてきました。正月早々から撃沈気味です。
今年もよろしくお願いします。
k
2017/01/03 20:28
>kさん

今年はマス用小型プラグも
良い物を作りたいですね。
あと、ずっと中断している
釣り堀マス演習も
実施しなければ。

2017年も
よろしくお願いいたします。
SK
2017/01/03 21:33
あけましておめでとうございます
ご無沙汰してしまい、申し訳ありません(^^;


さて、今年はどんなハードボイルドな展開が待ち受けているのでせうか…
楽しみです(;^ω^)
はっち
2017/01/05 01:39
>はっちさん

あけましておめでとうございます。

新年早々に業務がハードボイルド状態となり
ルアー製作がいきなり
ストップしました
orz
SK
2017/01/05 22:21
はじめまして。
アメブロBONさんの所から流れてきた者です。
しばらく拝見させていただいていますが、なにぶん全容を把握せずにこんな事を言うのもどうかと思いますが、屈曲リップの整形は、三枚板の接合ではなく、横方向の断面での積層工程とかは検討されたのでしょうか?

ヒートカッター等もご用意あるみたいですし、Z型(?)切り抜いた板を何枚か重ねて接着する事で、強度面やアイのスペース確保等の問題がクリアできるのではないかと愚考した次第です。

工程が複雑になる等の理由で却下された案でしたら余計なお世話で、失礼しました。

ルアー、ロッド制作の記事は随分と参考になる事ばかりですので、これからも拝見させていただきます。

ふぁんとむ
2017/01/06 17:42
>ふぁんとむさん

いらっしゃいませ。
あちらのコメント欄で
お名前は拝見してましたから
はじめましてという気が
しませんね。

板の積層は
全く考えていませんでしたが
スリット確保はしやすそうですね。

お見込みの通り
工程が複雑化するのと
積層故に多重化する接着面が
リップ透明度を
低下させる恐れがあるので
きっと思いついたとしても
あきらめて違う方法を
検討していたかもしれません。

立体屈曲リップ製作法は、
未だベストな方法を見つけられず
ハンドメイドでもとりあえず
立体リップの製作は可能という
レベルでしかないようです。
SK
2017/01/06 22:30
今年もよろしく地獄に付き合いますのでお願いします(笑)

僕も業務がハードボイルドですが、お互い頑張りましょう!

あと毎年言ってますが、今年こそ亜羅川で釣りをしたい(ry
BON
2017/01/15 13:48
>BONさん

今年もよろしくお願いします。

ビーラーゲリラも腰を抜かす
地獄のバトルフィールド荒川は
いつだって
BONさんを待っていますよ。
SK
2017/01/15 23:36
大変遅くなりました。
あけましておめでとうございます。

私も年末から年始、いや、現在も業務が超多忙で死にそうですw

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
Lwing
2017/01/17 12:37
>Lwingさん

今年もよろしくお願いいたします。

多忙でも超ヒマでも
どっちみち死ねるので
忙しい方が金になるだけ
マシかなあと最近は
思っていますw
SK
2017/01/20 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
神の操作にやられた年末年始について。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる