“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月シーズン開幕の準備について。

<<   作成日時 : 2017/02/15 22:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あと2週間で
2017年のスズキ釣りシーズンが開幕じゃないか。
全然準備ができていないどうしよう。


そして追い打ちをかけるように
永谷園お茶漬け海苔の
通称「変なカード」が復活した。

画像



























永谷園め、なぜ今になってこんな非道なことを…。

管理人にとっては
英国のEU離脱やトランプ当選以上の衝撃です。

カード1枚1枚は脅威じゃない。
捨てるに捨てられず、
食卓の調味料トレーの片隅に
いつの間にか大量に溜まっているのが
恐ろしいのだ。


ようやくあの地獄から開放されたと思ったのに
また暗黒の時代に逆戻りか。

せめてかわいい動物の赤ちゃんとか
オタに受けそうな萌え絵で統一するとか
永谷園ももうひと捻り欲しいもんだな。

永谷園カード復活問題は
力の限りゴミ箱直行措置を取るとして
今シーズンの作戦は
あんまり考えていなかったりします。


3月中に出撃できるかどうかは
今のところわからんのですけどね。
できたとしても
せいぜいルアーのスイムテストくらいだろ。

2月末に、2度めの釣り堀マス演習も
計画していたことはしていたのだけど
業務が畳み込むようにハードボイルド化してしまい
当面釣りどころではなくなってしまった。
まずは金稼ぐのを優先するしかないか。

道具面では、特に不安はありません。

リールなら
主役メカに返り咲いたレボSTXは
使用中の1号機
予備の2号機
切り札の第2世代型な3号機
合計3台を確保していますし
信頼と実績(※セイゴ2匹)の
イボマックス3000C(T3000Cヘンクマカスタム)も
いつだってスタンバイOKです。

脇役リールは何台もあるから
リールがトラブルを起こして
思うように釣りができないということは
まずないでしょう。

ロッドだって
主砲のプロマリンファインパックヘンクマカスタム
長短2本がありますし
昨年建造したホリパカスタム210モデルや
トラギアティップトップのクソ硬い市販振出モデルも
戦列に加えています。
ロッドが折れて出撃不能ということは
ないと思われます。

但し、8フィート以上の振出モバイルベイトロッドは
ファインパック240ヘンクマカスタムフェイズ3のみなので
これが破損すると戦力的には痛手を受けるかもしれませんね。

ファインパック240の原型ロッドは
あと2本ストックがありますから
ヘンクマカスタムのセカンドモデルを
建造するのもありかねえ。

そうすると、またジャンクの2ピースバスロッドを
1本調達してこなきゃならんよな。
ティップをちょん切って
ファインパックのグラスソリッドティップと
交換する工程がありますから。

込み調整マンドクサ ('A`)

折れたバスワンのティップは
捨てずに保管しておくんだったぜ。
今更すぎますけどね。

仮に、ファインパック240ヘンクマカスタムマークU(仮称)を
建造するのであれば
リールシートはワンサイズ細いTCS−17を使い
フォアグリップも最初からフルレングス(短いなw)で
グリップエンドのバランサーは
最初からグリップフォーム内フルロードで
逝けるんじゃあるまいか。

ヒューズと熱収縮ラバーグリップで
バランサーウェイトを外装する手もありますが
内装式の方がトラブルレスのはずです。
もちろん、内装ウェイトで不足すれば
外付けも必要になってしまうけど。


12月〜翌年2月のオフシーズンは、
例年次のシーズンの準備として
タックル建造やルアー製作に充てているのですが
ロッドリールは昨年最終決戦以降
メンテナンスすらしてねえや。
平井大橋より下流には行かなかったからねえ。
水洗いの必要すらないんじゃない?

ルアー製作は
既に報告の通り
セルロースセメント麦茶事件により中断していて
先日やっと池袋ハンズにて
ゲンゲンのクリヤラッカーを入手し
再開の見込みが立ったレベル。(前回記事参照)

悔し紛れに6センチミノーの試作ボディを削り出してみたが
まだ細部まで手を入れられていないなあ。

ルアーを作るよりも、時間を作る方が先決というべき
今日この頃なのでした。
























【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月シーズン開幕の準備について。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる