“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS ルアー製作進捗状況2017年3月5日版。

<<   作成日時 : 2017/03/05 11:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2



2月の業務のハードボイルド状態をどうにか切り抜けて
ルアー製作をほんのちょっぴり進行させました。


現在作っているもの一覧。

画像

















鋭意開発中の切り札本命
フラットシャッド8センチ2本が写っていなかったり
確定申告書とかUホーク1号とかY翼戦闘機とか
余計なものまで作っていたりするが気にしないでつかあさい。

Y翼とホーク1号は、義兄向けのプレゼント用です。

Y翼は組んで塗っただけだが
それっぽく仕上がります。

とりあえず記念撮影してみた。

画像















シールは使わず、マスキング地獄を繰り返した末に
筆や爪楊枝で色塗って
薄めたアクリルのブラック(クレオス水性)で陰影を乗せたら
アクリルシンナーを含ませた綿棒でこすると
いい具合にキタナクなります。

いや、汚しすぎたか。ブラックの定着が案外強くて
アクリルシンナーじゃこれ以上落とせなくなったw

ホーク1号は、
上新電機の通販で、送料無料注文額に届かせるために
ついでに購入したものです。

昨晩到着したブツを組んだはいいが
どうやって仕上げたらいいんだろうか。
昔、水転写デカールは何度もチャレンジしたが
綺麗に貼れた試しがねえ。
神の操作を許すだけの悪い予感しかしないマテリアルだ。


余談だが、10数年前に上新電機の実店舗に行ったとき
この歌が繰り返し延々と店内に流れていて
しかも耳に残って抜けねえ。
まさに戦艦Xレッドショルダーマーチ状態で
夜寝るときに勝手に脳内再生されるんだ困ったよ。



女性ボーカルバージョンもあった気がするな。
やめろ!やめるんだ!
自分で悪夢の記憶を掘り起こしてどうするw

※管理人は決して上新電機の手先ではありません。





ここから本題。


大型ルアー3本は、
ようやくアルミ貼り工程に入りました。
試作ヘンクマデカシャッド14センチと
試作12センチ3フックミノー(2本)ね。

これらのルアーは、試作にとどめて
後継モデルは制作しない方針です。
やっぱりヘンクマカスタムでは
でかいルアーを作るのは賢明でないな。
今回は技術的検証のために製作したものですし。

そういえば、以前13センチダーターを作った時も
そう思って大型ルアーの建造をやめたんだっけ。




貼り終えたら、先日購入したゲンゲンクリヤラッカーで
二次コーティングに入ります。


ヘンクマカスタムでは
一次コーティング 下地強化
二次コーティング アルミ保護
三次コーティング 塗装面保護
ということになっていますが
最近は手抜きして三次コーティングを省略しています。

最もハードボイルド性が高いのは
三次コーティングですからね。

塗装の色流れ対策も難しいし面倒だし
省略した方がトラブルも少ないよ。
最近は二次コーティングの上から
マジックインキとマニキュアで仕上げて
捨て駒に相応しい弾薬を作ることに徹しています。



画像

















そして、これが今後の必殺ルアーになるかもしれない
仮称ヘンクママグナム60の試作ボディです。
ここから更にボディ形状を煮詰めて
工作に入ることになります。

長さがそれぞれ違うのは、試験的に65ミリのボディも
用意したためです。

5ミリ長い分だけ重く作れて
ベイトキャスティング運用には有利かもしれませんし。
あとはサンプル完成後のテストでもって
長さを最終決定します。

リップは、2ミリポリカ板を切り出して
プラリペアで分厚く補強したのを作りましょうか。
ヘンマグ60は、屈曲立体オフセットリップを採用しません。
ジャーキング専用にセッティングして
ロングA13A代替ルアーとする予定です。

今後の主力モデルは、
ヘンクマ8センチフラットシャッドと
このヘンマグ60とする予定です。

従来のヘンマグ9センチモデルは、
遠浅干潟ポイントの長距離攻撃用か
強風対策用としての運用になります。
現在製作中の2本が完成したら
追加製作は当分しません。

ヘンマグは、8センチショートタイプの
試作モデルがまだありますし
9センチモデルの実績がイマイチなので
作っても活用できそうにないのだ。

15年以上前の荒川なら
ヘンマグ9センチもきっと通用したんじゃないかと思うけど
もう当時とは川の環境が様変わりしているので
いつまでも旧来の戦術に頼っていちゃだめだろうな。




さて、ホーク1号のマスキングを進めようか。




















SWのビークルモデルにしても
メカコレウルトラマンシリーズにしても
対象年齢「15歳以上」になってるのな。

Y翼の直径1ミリもないような繊細な部品とか
ホーク1号の水デカールとか
こんなの大人でも簡単には作れないと思うぞ。
工具を揃えないと部品の切り出しすら難しいわ。
(切り出した部品の組み立ては簡単だったけど)






【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
SNS+Eエリアにて釣りに興じるSKさん、キング・ジョーが
現れて、その上をホーク1号が旋回している・・・
そんなジオラマが思い浮かびました。
パリエット
2017/03/11 21:20
>パリエットさん

そういえば、セブン本編の
キングジョー登場回で
怪しい外人さんが
釣りしてましたねw
SK
2017/03/12 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルアー製作進捗状況2017年3月5日版。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる