“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 今シーズンいよいよ始動!(の予定)。

<<   作成日時 : 2017/03/19 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像













鋭意開発中のヘンクマフラットシャッド8センチです。

おさらいしますと
管理人自慢の(手抜き仕上げを誇る)
特殊弾薬ヘンクママグナム9センチが
決め手に欠ける現状を踏まえて
新たな秘策ジャーキング(トゥイッチング)に
対応可能なシャッドを作っているのです。

遠投性能とストレートリトリーブに特化した
ヘンクママグナムの穴を埋めるため
水中ドッグウォーク&横転アクションを可能とする
近距離戦用ジャークベイトが必要だなと思ったのさ。

昨年猛威を振るった(捕獲出来たのは3匹だけだが)
ロングA13Aでは、小さくて軽くて
流石に投げていてつまらん。
ベイトキャスティングの爽快さを味わうには
やっぱりシャッドなら8センチ級のボリュームが
必要だは。

フックは、ルアー損失を軽減するために
シングルフックを前後に1本ずつとしています。

貴重なサンプルを未帰還にさせるのは
なしだよ。


んんっ、早く投げたくなってきた。


そして、滞る業務の処理w
奴の操作は続いているな。



リップの裏には、可能な限りプラリペアのクリアを
山盛りにしてみました。

画像













リップの重量を稼ぐことで
姿勢復元力と安定性を狙っています。

リップのエッジを薄く削ったら
ジャーキングでのスライドアクション発生時に
上を向くベクトルが生まれやすくなってしまって
あっさり水から飛び出したり
水中ドッグウォークにゃマイナス要素になったもんで
今度は逆の処理を試そうという魂胆です。

タンクテストした限りでは
リップ裏に板オモリを貼った状態で
かなり望ましい動きを出せたもんで
これでいくらか改善されたんじゃあるまいか。
投げて引いてみないとわかりませんけどね。



ヘンマグがストレートリトリーブに特化した
ピンポイント狙撃用だとしたら
ヘンクマ平シャッドは断末魔の動きで
広範囲から魚をおびき出す
パイロットルアーということになります。

ゆえに、遠投性能はあまり考えずに作っています。
シャッドボディで飛距離を出すのは
なかなか難しいですから仕方ない。
薄い扁平ボディゆえに
ヘンマグみたいにオモリを増量できず
風の影響もモロ受けなんだろう。

遠距離での水中ドッグウォークは
それ用のシンキングペンシルを作って
使い分けるしかないんだろうな。


明日、
再調整したヘンクマルアー4本のテストも兼ねて
今シーズン初出撃を企んでいますが
トラギアティップトップC705MHのテストは
中止します。

重大な問題が判明してしまって
うっかり持ち出せなくなってしまったのですよ。
うん、モバイルロッドとしては
ちょっと致命的な問題です。

それについては、後日レポートします。

とりあえず、まだ捕獲実績のない
ホリパカスタムで初出動することにしようか。













このロッドを改造して
8フィートベイトロッドを作ってみたいんだが
どうだろう?










【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごくお久しぶりです。
自分の初のベイトタックルでの鈴木族捕獲実績は旧トラギア806Mでさした。もともとガイド低いのもありそのままで使用しましたが1oz以内のルアーはロッドが曲がってくれて幅広く投げられた記憶があります。
だる
2017/03/22 18:48
>だるさん

そういえば、
うちには既に
ネク866Mと
ティプトプC705MH
計2本のトラギアがあるんですけど
どちらもまだ
1回も持ち出していませんでしたw
ファインパック240がブチ折れないと
806Mをポチる勇気が出ないかなあ…。
SK
2017/03/23 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
今シーズンいよいよ始動!(の予定)。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる