“ザ・ボラハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS トラギアベイトモデル改造続報「もちろん今回も炸裂した神の操作について」。

<<   作成日時 : 2017/04/23 11:33   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2



未明からダイソー片手鍋で1時間以上
コンロでリールシートを煮込んでみたが
ビクともしやがらねえw



改めてドライヤーで長時間加熱するも同じこと。


ガス代と電気代を浪費した挙句
成果なし。
そして管理人の怒り爆発。

リールシートをガスコンロの遠火で
直接炙るというチェルノ○イリもビックリの
暴挙に出てしまったのでした。

そして神の操作が炸裂する。

慎重に炙っていたつもりだが
突如ボコボコに湧き上がるシート表面w

あああああああああああああああ






とりあえず、捨て身の特攻?の甲斐あり
シートを外すことはできましたとさ。

画像

















スペーサーは…あったのか?
それっぽいものは確認できなかったけどな。
シート内側のボンド除去中に、
何か黒っぽいものが剥がれたので
薄く部分的に隙間埋めはしてあったのかもしれません。


ボコボコに膨れ上がったのは、
塗装ではなくてシートの本体樹脂その物らしいな。

ああ、またやってしまった。
ハードボイルドなしにロッドビルドは
できないものと覚悟していますけど
あの神(Yたん)は流石に目ざとく見逃さないな。



今回の教訓
・コストがかかってもヒートガンを用意すべし。
・ガスコンロでの加熱は死亡フラグ。


で、一部ボコボコになったシートですが
おでき部分をナイフで削ってサンドペーパーで均せば
使えんこともなさそうだけど、さて…。



シートの表面修正とケレン作業は
後日に持ち越しです。
さすがにもう疲れた。

元々は、シート後端からグリップエンドまでの長さは
31センチだったっけ?
メモを残すのを忘れていたw
写真を残してあったけども、
これだと目盛を正確に読めねえな。

画像






シートが再利用できるかどうかは未確認として
位置はこれで後退できます。
最悪の場合は、トラギア専用シートを諦めて
TCSリールシートを1個入手して組むか。

画像






現状は、写真よりも更に詰めて
リールシート後端からグリップエンドまで
26センチとなっています。

バットキャップは改造して1センチ長くなる予定ですから
最終的には27センチになるのかな?

また、EVAフォームは
せっかくのフルレングスですけど
煮込み作業のせいでシート直下の部分が
熱でだいぶ傷んでしまいました。
シートをねじるときに負荷がかかって
中でボンドが剥がれているようなのでね。

それに、トラギアのEVAフォームは
少しシェイプをかけてあって
そのまま装着すると太さが微妙に足りなくなります。

エンド部分にのみオリジナルのEVAを残して
セパレート化するしかないね。
フルレングスまるごと作り直すと
EVAフォームが足りなくなるかもしれんし。

ブランクの口金部分に巻いてあるスレッドは
セオリーどおりに外しました。
ナイフでコーティング部分をちょっと削って
ライター加熱してから一気にぴ〜んと。


ここまでくれば、あとは各部クリーニングして
いつかトラギアティップトップ
C705MHヘンクマカスタムが完成することでしょう。

















シートボコボコ状態の再現動画(5:13くらいから)
https://www.youtube.com/watch?v=91u4Uoy9nIs












【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
705MHのグリップは長過ぎですよね。
オヤジ
2017/04/27 19:59
>オヤジさん

あと3センチだけ
最初からシート位置を
後退させておいてくれれば
改造せずにそのまま
我慢して使ったんですけどね。

外したリールシートは
なんとか再利用できそうです。
SK
2017/04/29 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文



変熊の愛用品


予備ピンがあれば安心


ご機嫌のスナグレス性能


ロッドのバランス調整
ルアーの重量調整
いろいろ使える


塗膜強いし
1液型より長期保存可


このブログ認定
修理改造用神素材


リップ削り過ぎた?
これ使って埋めろや。


ここから始まる
地獄へのお付き合い

トラギアベイトモデル改造続報「もちろん今回も炸裂した神の操作について」。 “ザ・ボラハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる