“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS ここらへんで次世代ヘンクマカスタムコンセプトVer.2016について整理しとこうか。

<<   作成日時 : 2017/06/04 15:22   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


4体セットだと!?  orz
http://takaratomymall.jp/shop/g/g8000000000329/





























泳ぐルアーを作るだけでも大変なのに
トゥイッチング(ジャーキング)で
水中ドッグウォークやら停止時のローリング運動やら
ストレートリトリーブ以外でのアクションを
思ったとおりに実現するのは
かなり難しいことではあります。


今シーズンは、神との決着(スズキサイズ捕獲)そっちのけで
次世代ヘンクマカスタムの開発に没頭しているところです。

今シーズンまだヒットがないのはそのせいだ。
(裏声)

ヘンクマカスタムルアー群(ミノー類)に採用した
ニューヘンクマコンセプトには、
過去を紐解きますと
2013年に屈曲立体オフセットリップを搭載する
プロジェクトがありました。

記念すべき採用第1号の試作型ヘンクママグナムショート8センチ
(当初はこれをヘンクマシャッドと呼んでいました。)
画像


























市販品では、もはや珍しくない仕様ですが
一般個人の手作りで
屈曲立体オフセットリップを搭載する例は
当時ネットで探してもほとんどなかったし、
今もないんじゃなかろうか。


工作も面倒なら
強度確保も難しいので
だれもやらないんでしょうねw

普通に1枚板リップで作った方が
どう考えても簡単で低コストだものな。
ヘンマグでは、要求性能を満たすために
やむなく採用したんですけどね。

今後は、過去のそれと区別するために、
昨年から続く
トゥイッチング/ジャーキング対応デバイス開発計画を
「ニューヘンクマコンセプト2016」と呼称することにします。

ロッドアクションで右往左往する
ジャークベイトをつくろうという計画です。
サンプルモデルは、ボーマーのロングA13Aです。

一般的に、5〜6センチ程度のミノーは
ロッドワークによる右往左往アクションを
出しやすいみたいです。

反対に、出しにくいのは11センチ以上のミノーか。

今、10センチフラットサイドミノーの試作で
ドツボにハマりつつありますね。

もう右往左往アクションは諦めて
普通のミノーにするはずだったのに
いろいろアイデアを思いついて
また実験してみたくなったのだ。


8センチフラットシャッドでは、
頭の上に横転性を上げるための
小粒ウェイトを仕込みました。

もしかしたら、これはあまり
良い策ではなかったかもしれません。

リップを厚く重くすることで
バラスト効果を持たせて辻褄を合わせましたけど
ノンストップ超高速リトリーブでは
真っ直ぐ安定して泳げないルアーになったようです。
ジャーキングで使う前提のルアーなので
あまり問題にはなりにくいですが。

現在、ヘンクマカスタムでは
ある一つの仮説を立てています。

まとめると、

「ストレートリトリーブの軌道を逸れて
右または左へ突っ込む動きをスライドアクションと定義するならば
スライドアクションの発生頻度は
ボディ表面積とリップ面積の差が
小さいほど高いんじゃないか?」

てな感じか。

8センチシャッドが比較的簡単に
水中ドッグウォークを実現できて
10センチフラットサイドミノーが難しいのは
要するにそういうことなんじゃなかろうか。

ボディ表面積だけでなく、ボディ全長と体高の問題だったり
背中のラインの曲率だったり
単純にウェイト配置の問題だったり
その他の要素も複合的に関係してくるんじゃないかと思いますが
結局、現場で実験してみないと
整理がつかないんだよう。

単純に、リップがでかけりゃ動くだけなのかもしれませんが。


おっさんがよなべして
10センチフラットサイドミノーのリップ形状を
修正しました。

画像






















このルアーのリップ、基本はポリカ板で作っていますが
プラリペアで大幅に形状変更してしまいました。
削っては盛り、削っては盛りで
動きが良くなったり悪くなったり
思い通りの動きが出るんだか出ないんだか
相変わらず法則が見えません。

プラリペアの盛り足し箇所が多く、
リップの耐久性が心配だw
ロッドワーク対応アクション研究用のモデルなので
もはやリップの強度なぞ眼中にないのですが。


開発中の各ルアーで検証したところ
ボディに対してリップの大きいルアーの方が
理想の動きを出しやすいみたいだ。
かといって、黒鱒用の太いディープクランクが
ベストってわけでもないので
ヒラヒラとロールしやすい細身または扁平な形状も
要件の一つかもしれません。

ロングAみたいなミノーは、サイズが小さくなると
どうしても相対的にマグナム形状になりますが
全長が短くなって直進安定性も落ちるみたいですから
ロッドワーク対応性は上がるのかな?


管理人も、ここまでロッドワークで生まれるアクションを
突き詰めて作った経験はないので
謎が多くて困ります。

ストレートリトリーブ対応モデルは
ヘンマグで一定の成果を見たので
(課題はリップ強度のみw)
ロッドワークで多彩に動く
使って楽しいルアーを作りたいんですよ。

それだけ昨年の実戦で多発した
「至近距離でギラン!」は
衝撃的な光景なのでありました。

黒鱒釣りの人が、トップにハマるのと同じ心理なんでしょうかね?


今日も、昼前後にテスト釣行しました。
玉砕した上に神の操作もないのでレポートには値せずw

ロッドはファインパックカスタムの短い方
リールはトルノ3004HSの3号機
ラインはJSYドリームキャッチ4号ハンターグリーンです。

画像


















リップ改修した10センチフラットサイドミノーは
先週の黒鱒演習時よりも
更にレスポンスが上がったかもしれません。

高速リトリーブでも、そこそこのバランスです。
8センチシャッドに比べたらつまらん動きですが
ロングAの14Aサイズと比べたら
いくらかロッドワークで動かせるルアーになったか?


これで、目当てのルアーの製作ノウハウは
ある程度固めることができたと思うので
ニューヘンクマコンセプト2016計画は
次の段階に移行します。

完成版サンプルの製作と、
初期サンプルの実戦テストです。

今シーズン中は、毎回ジャーキング祭りでもいいよね。

昨シーズンみたいにセイゴハンター降格3周年阻止とか
変なイベントもないですしw


ところで、こんな記事を
一体誰が読むんだろう?(久々w)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラリペア クリア STRAIGHT/36-7023 (PLAREPAIR/プラリペア)
価格:3710円(税込、送料無料) (2017/6/4時点)






プラリペアのクリアは、
型取りくん(または「おゆまる」)と併用することで
市販ルアーのリップ修理にも使えるし
自作ルアーのリップを「まないた」ではない
立体形状にすることもできますから
かなり使える素材と言えます。

問題は、いくらかコストがかかるのと
扱いが難しいことかなあ。

ニードルボトルにEVAシートを巻いて保持すれば
「指の体温で液が気化して滴下コントロール不能」
という事態もある程度回避できそうですが
これからの暑い時期は無理かなあ。

常時ボトルを満タンにしておくには
リキッドの予備を常に用意しておけってことですからね。













【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです!
最近、弾丸ブレイドと言うフロロより安いPEが発売されたのはご存知でしょうか?
もしもお近くの釣具屋orナチュラムで買い物されるとき使ってみてください( ̄▽ ̄)
あ、でもナイロンよりスプール重量が軽くなってバックラがなくなったらハードボイルドさが、、、
だる
2017/06/06 23:36
>だるさん

ナイロンだろうと
フロロだろうと
最新の撚り合わせ式ペ糸であろうと
神の意志一つでバックラするのが
このブログの「お約束」なのです。
SK
2017/06/07 22:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここらへんで次世代ヘンクマカスタムコンセプトVer.2016について整理しとこうか。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる