“ザ・セイゴハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS プロマリン・ファインパック210ヘンクマカスタムの捕獲実績訂正について。

<<   作成日時 : 2017/07/20 21:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


画像



















先日、管理人のメインロッドである
プロマリン・ファインパック210ヘンクマカスタムの
運用7周年についてレポートしましたが
捕獲実績に誤りがあったため
ここで訂正いたします。

前回レポートでは「通算3匹」としていましたが
捕獲記録を再確認しましたところ
2013年7月の実績をカウントしていませんでした。


正確な本命捕獲実績は次のとおりです。


初戦果はロリセイゴ(もちろん降格処分w)
http://fukkohunter.at.webry.info/201306/article_11.html

2匹目でフッコハンター再昇格達成!
http://fukkohunter.at.webry.info/201306/article_27.html

3匹目はアンバサダー元祖ブラックマックスでの初の本命捕獲!
http://fukkohunter.at.webry.info/201307/article_11.html

この間、しばらく捕獲なし
(ヒットした本命が全て異能生存フッコだったw)

フェイズ3に改造後の初ヒット!
http://fukkohunter.at.webry.info/201706/article_3.html


ファインパック210ヘンクマカスタムでの捕獲実績は
以上4匹でした。

これを少ないと言うべきか
むしろ多いと言うべきか
ちょっとわからんな…。

なぜか、4匹とも
アンバサダー非円形不人気モデルに
自作ルアーという組み合わせなんだw
なぜだ?

そういえば、最初のロリセイゴは
トドメを刺しておくべきだったかもしれないな。
エラから血を噴いた魚は
リリースしても大抵氏んじゃうらしいので。
当時はそれを知らなかったもんだから
仕方あるまい。

シングルフックの本格導入は
このロッドで釣ったロリセイゴが
契機だったと記憶しています。
これが昨今のバラシ激増の元凶だったのかもしれません。


現状は、このロッドの他に
ファインパック240と
シマノホリデーパック20ー210の
変熊仕様カスタムモデルを併用しています。
それにしたってファインパック210運用7周年って
わりと凄いのかもしれないな。

こんな安竿(カスタムとはいえ)を
これだけの長期間愛用する例は
あまりないだろうな(しかもルアーで、だぜw)。

入手して即ベイトキャスティングに改造し
各ジョイントにロウを塗り込んでありましたから
ジョイントのトラブルは特にありませんでした。
2015年のフェイズ3改造時にも完全分解して
各部フルメンテナンスした記憶がありますし
今のところ深刻な不具合はなし。

この調子でいけば、運用10周年も不可能じゃなさそうだな。

「振出モバイルベイトロッドなら
慎重に運用すればトラブルレスで運用できる」

そう思って導入したファインパック210です。
当時の管理人の判断は正しかった!?













【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。





【 自作派向け 】

ジャストエース(Justace)
ロッドパーツ ブランク
PST904M
ジョイント:印籠継
長さ:9.0ft
ルアー重量:7-21g
適合ライン:6-14lb
アクション:Med Fast
パワー:Medium
カラー:Mat Black
自重:62g
継数:4本
先径:1.8mm
元径:12mm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おなじリールが10台以上・・・凄い光景ですね!
こちらは、スピニングですが4台しかありません。
k
2017/07/23 21:07
>kさん

厳密には、
アルミフレームSM3000C系と
樹脂フレームの発展型である
トルノ系が各種
ゴタ混ぜになっていますが
どれも目クソ鼻クソ
いや似たり寄ったりで
実はあまり面白くありませんw

今更ですが
この半分あれば
十分でしたね orz
SK
2017/07/24 20:20

コメントする help

ニックネーム
本 文



変熊の愛用品


予備ピンがあれば安心


ご機嫌のスナグレス性能


ロッドのバランス調整
ルアーの重量調整
いろいろ使える


塗膜強いし
1液型より長期保存可


このブログ認定
修理改造用神素材


リップ削り過ぎた?
これ使って埋めろや。


ここから始まる
地獄へのお付き合い

プロマリン・ファインパック210ヘンクマカスタムの捕獲実績訂正について。 “ザ・セイゴハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる