レボSTX(ファーストモデル)のアフターパーツ単価が上がった件について。



あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!

「おれは、PFJのサイトからレボSTXファーストモデルのパーツリスト最新版をダウンロードしてパーツ単価を確認したら、価格が以前よりも高くなっていた」

な、何を言っているかわか(中略)

サポート継続の代償としてパーツ単価が上がった?とか
一定期間でサポートを打ち切る
シマ○よりは遥かに良心的?だとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…








今シーズンは、7:1クラスのギア比のリールも
試験的に運用してみたくて
だったら手持ちのSTXにHS用ハイギアを入れたら
いいんじゃねえの?

といった軽い気持ちで最新版のパーツリスト
確認した結果がこれだよ。


参考までに記すと
ノーマルSTXのパーツ単価は…

メインギア
以前 1500円
今  2000円

ピニオン
以前 750円
今 1000円

フレーム
以前 2500円
今  4000円


パーツ全部は確認していないのですが
明らかに高くなっていますね。

過去のパーツリストをお持ちの方は
パーツ単価を比較してみてください。



一時、STX用の筐体関係主要パーツは
在庫切れになってたはずだな。
再生産された代わりに、
パーツ単価は上がっちゃったってことなのかね。

それとも、韓国での製造コストが上がったのか?

パーツ枯渇で修理不能にされるよりは
パーツを追加生産してサポートを継続する方が
ユーザーとしてはありがたいけど
単価が大幅アップとなると
今後の保守に関しては
安心要素なのか不安材料なのか
わからなくなってくるなあ。


管理人の所有リールで
現在もサポートが継続しているのは
STXくらいのものでしょう。

うちにも1台ある第2世代型STXは、
日本代理店では扱いのなかった機種ですけど
外装はPFJ扱いの第1世代型と
互換性があるようですし
内部部品はエリートIBその他のリールと
互換性ありのようですから
事実上はPFJのサポートありってことになりそうです。

あとは4600Cくらいか。
メーカーサポートが期待できそうなのは。




単純にギアセットだけを発注して
ハイギアリールを調達しようかと思ったが
ここでちと考えてしまった。

ギアセットだけで3千円以上かかるわけだし。

それなら、中古でも
STXーHSをまるごと手に入れた方がよくね?
5千円くらいで手に入りそうだぞ。

いやしかしまた余計なリールが増える恐れもあるな。
どうしようか。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

k
2018年02月21日 04:14
10台以上あるんだから、今更1台増えたって問題ないかと思います。
2018年02月23日 20:51
>kさん


あ あ っ

悪 魔 の 囁 き が

聞 こ え る ぅ ~

(∩゚д゚)