久々にリールを調達してみた。

画像























あれこれ検討した末に
レボエリートCBの中古を購入しました。

オクは第2世代型STXドリル穴事件で懲りたので
いくらか購入手続きの簡単なベリ網を使いました。

ベリ網も罠だらけだが
4千円台ならよかろう。
オクだともっと綺麗で
安価なのを落とせたかもしれないが
入札から決済から評価まで面倒が多く
いちいちやっとれん。


到着したブツは、
事前説明のとおり各部傷だらけでしたが
使用にはまったく問題なさそうです。


画像






















ブレーキブロックが不足しているとか
ブレーキユニット基部穴に亀裂が走っているとか
それなりに訳ありな要素はあるものの
それは承知でポチッたので罠ではありません。

罠があったとしたら
レボ襟CBのブレーキユニットが
プラリペアを受け付けない素材だったくらいか。
どうも亀裂に流したプラリペア黒の
定着が悪いと思ったら
全然液で溶けないの。

STXのフロントカバーが
プラリペアで溶かせる素材でしたから
溶着しちまえばいいかと思ったがアテが外れたな。

幸い、6点遠心式ブレーキユニットは
パーツ単価が200円で済みますし
亀裂入りの部品も、完全に割れているわけではないから
若干の補修で問題なく使えそうではあります。

足りないブレーキブロックと一緒に
ブレーキユニットも1個発注するか。

今回は、遠心ブレーキで
重量物を飛ばすことだけ考えています。

こいつの純正ギアはジュラルミン製らしく
蓋を開けてみたら、銀色のギアが入っていました。

塩水域では使わんだろうし
使ったとしても河口の汽水域だし
最近は各リールの使用頻度も低くて
管理人が氏ぬまでギア交換の必要はないでしょうな。


これにSTXーHSの7.1:1ギアを組み込めるなら
これをハイギア担当リールにしてもいいね。

業務が混んでいるので時間に余裕がなく
今回はスプールベアリングをオープン化して
メインギアとウォームシャフトに純正グリスを塗って
スプールシャフトとボールベアリングに
オイルを注しただけで済ませました。


エリCBのサイドカバーは樹脂みたいなので
低温時でも素手で快適に扱えるはずだな。
昨年シーズンオフ間際の異常低温時のSTXの冷たさは
あまり好ましくなかったからね。



STXに比べると
各部頼りない印象ですが
河川内スズキ釣りなら問題はないでしょうね。
現状、壊れるほど使えねえし。
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

k
2018年03月22日 00:41
うわ~~
また台数が増えたんですね!
やるなぁ(笑)

こちらは、もう4年近く毎週使い倒したスピニングリールが死にかけてるのでOH出すか自分でやるか、思い切って新型買うか悩んで鱒!
2018年03月22日 20:08
>kさん

新型! 新型!
(※悪魔の囁き)
k
2018年03月27日 02:59
新型もい~んですけれどね。
散々考えて、バラシて組んで試行錯誤してみたらスプールワッシャー追加&バネ入れ替えだけで直っちゃったんですよ。25000円がぶっ飛んでく事態を覚悟しての修理でしたが、結果は400円のワッシャー代で収まりました。でも、県外遠征×2を下道で行ったり、県内もなるべく高速道路を使わないようにして貯金中(笑)
2018年03月29日 19:50
>kさん

安く済めば
それに越したことはないですね。
買い替え時には、
更に後発のモデルを狙えますし。

レボエリCBは、今渡こそ
最後のリール購入にしたいです。