“ザ・フッコハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 4600Cガンナー(中略)キャンペーン 4戦目。

<<   作成日時 : 2018/07/08 19:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

日曜日だが仕事は容赦なくある…。

溜まっていた帳簿付けを済ませて
夕方に突撃し、4時頃から戦闘開始しました。
7月後半から8月半ばまでは
おそらくまた釣りどころではなくなるので
なんとか決着をつけなければ。

タックルは前回と同じ。

ロッドはトラギアティップトップC705MH
ヘンクマカスタムフェイズ2。

リールはもちろん4600Cガンナーシークレット
ヘンクマチューンド(ハンドルノブが危篤状態)。

ラインはお馴染み上州屋ドリームキャッチ
4号ハンターグリーンです。


目当ての湿地帯ポイントが既に他のアングラーに
占拠されていたため転進。

周辺もブッコマンダーが占拠していたため、
昨日の様に移動しながら広く探ることはできず
5月にランカーセイゴが出たあたりで
粘るしかなくなりました。


例によってロングA13Aや
ヘンクマフラットシャッドを駆使しての
トゥイッチングまつりです。

そろそろ、しゃくりが苦痛になってきたな。

トラギアC705MHは
スペック上はMHクラスながら
実際使ってみるとミディアムヘビーロッドにしては
軽いルアーも投げやすく、決して悪くはありません。

ただ、硬いロッドには違いないので
トゥイッチングで手に負担が掛かります。

昨日発生した下栓ネジのトラブルは
ネジの底の樹脂パイプをほじくって
穴を少し深くして
自作延長下栓を深くねじ込めるようにして
ロッド側の雄ネジパーツと
下栓接合部をぴったり密着させることで
応急処置的に問題を解決しました。

グリップ側パーツと下栓接合部の間に
スリットがあるような状態だったもんで
余計に締め込む余地があったのがまずかったんだな。

今日は、恐る恐る確認しながら
キャスティングしていました。

4600Cは、相変わらず快調です。
でかくてバランスが悪いけどなw
そのわりにパーミングには苦痛があまりないな。
アクシス100の方が手の痛さは上です。

それにしても釣れん…。


各ルアーをローテーション(実態はとっかえひっかえ)しても
鈴木一族の反応はない…。

小魚もいないなあ…。
敗北フラグが立ったわ。

1時間半くらい小移動しながらキャストしたものの
ロリセイゴすら追ってこない展開になりました。

スタート位置まで戻って、
いつもは入らない薮の濃い護岸に分け入って
干潮により露出した岩(コンクリ塊?)の上に乗って
ロングA13Aをキャストしていたら、
突如ロッドが重くなりました。

やや離れた距離で鈴木一族ヒット!

水面下でジタバタ暴れている銀色のシルエットは
明らかにフッコ級!

エラ洗い? させね〜YO!

君がッ 釣れるまで! 巻くのをやめないッ!


ゴリゴリ巻き込んで
ロッドのパワーに任せてぶち抜いて
捕獲した獲物がこいつだ。

画像

















この写真をとる前後
びったんびったん暴れられて
管理人もカメラも泥だらけにされてしまった。

この魚、写真では左を向いていますが
最初は右を向いていたのだ。
無闇に魚に触ってダメージを与えたくないので
タックルの向きを変えてシャッターを切りました。


このサイズなら、
フッコ認定ラインのクリアは確実だろう。


公式記録は、44センチでした。
昨シーズンからセイゴハンター降格を持ち越した挙句
6月に久しぶりのロリセイゴハンター降格を喰らいましたが
ここで一気に逆転、フッコハンター再昇格です。


2016年のセイゴハンター降格3周年を阻止したのも
ロングA13Aでしたね。
ラトルなし、リフレクト板入りのモデルなんだけど
どこにも売ってないんだよな。
予備はベリで見つけた色違いの1本しかないので
今後も大事に使おう。
ヘンクマカスタムで代替ルアーができるまでは
貴重な戦力ですし。


画像
















ランディング時にはテールフックに掛かっていたのかな?
干潮で露出した干潟に魚を置くまで
フックは下顎に刺さっていたはず。

フックは、がまかつの丸せいごバリをベースに作った
縦アイ式フレキシブルシングルフックです。

鯉の赤糸とビニールパイプでアイを作っていて
そこそこ柔軟に曲がるのです。

各社ルアー用縦アイシングルフックだと
掛かった瞬間ポロリが多発して
ここ数年は苦渋をなめさせられましたが
極悪形状の和式フックは
やっぱり刺さりやすく外れにくいみたいだな。

通常の縦アイシングルフックなら
今日のケースも
「ポロリ」の「ぐあああああああああ」
だったと思うんですよ。

でかい魚は、泳ぎの速さと体の重さで
勝手に刺さるような印象です。


ヒット時刻は午後5時20分頃でした。

この1匹で

・トラギアティップトップC705MHヘンクマカスタムフェイズ2初捕獲達成

・フッコハンター再昇格

・和式バリ性能検証サンプリング2匹目

・今シーズンの目標である4600Cガンナー初捕獲達成

てな具合に4つの成果を挙げることができました。


今のファイトで水中の障害物に擦られたらしく
ライン先端がザクザクになっていました。
切って結び直して更に連投するも
反応はそれっきり。

いろいろ決着をつけたんだし
今日は仕事を進めようと思って
タックルを畳んで撤退しました。

もし行けるとしたら、来週が7月最後の釣行になりそうだな。


トラギア705MHカスタムは
初捕獲を達成しましたし
本来は春秋の感度重視の釣りをするためのロッドなので
秋のシーズン終盤までお休みです。
オフシーズンには、下栓問題を
根本的に解決する必要があります。

M20のボルトやナット、スプリューを使って
簡単に壊れない延長グリップ兼用の
バランサー下栓を作る必要がありそうです。

あと、今回のフッコとのファイトで
既に亀裂の入っていた4600Cのハンドルノブが
ざっくり割れてしまいました。
ノブ軸がノブのフラット面を突き破って
外に飛び出してしまう状態なので
4600Cもしばらくお休みですね。
ハンドルを交換するか、ノブを作り直すか。
どうしよう。


今後は、レボかイボマックス3000C、
トルノ3004HSでの出動になりそうです。

いやその前にミリオネアGS-2000Cで
30ン年前の決着をつけるべきだろう。
























【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
再昇格おめでとうございます。

M20のボルトと言ったら結構な重さなのではないでしょうか。でもバランスが取れるのならばそれもアリですかね。

【ローテーション(実態はとっかえひっかえ)】この表現イイ!私のミクシ日記に真似してもいいでしょうか。
k
2018/07/08 23:57
再昇格おめでとうございますo┐ペコリ

あ rれ? t次ノ 出げ キは バ ノレト ムゥ ??
(※引出し開けられた神の口調)
BON
2018/07/10 23:59
>kさん

思ったより早期に再昇格すると
シーズン中にもう一度
ロリ2連発で元の木阿弥という
危険な罠にハマる可能性が
高いです。


ローテーション〜の件は、
別に私には何の権利もないので
まったく問題ないと思います。
SK
2018/07/11 21:23
>BONさん

バル…




(∩゚д゚)アーアーきこえry
SK
2018/07/11 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
4600Cガンナー(中略)キャンペーン 4戦目。  “ザ・フッコハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる