“ザ・フッコハンター”ドキュメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 変熊「秋のトゥイッチングまつり」対応タックルを見直してみるテスト。

<<   作成日時 : 2018/10/28 20:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

うっかり釣りにいくと
墓穴を掘るような激ハードボイルドな状況は
尚も続いています。



差し当たり、次なる作戦として考えている
深層トゥイッチングまつりについては
ラパラカウントダウンの7と9から
リップをもぎ取った改造品で
挑戦しようと思っています。


ボーマーのロングAでも
約9センチの14Aと約6センチの13Aでは
全長の短い13Aが圧倒的に多彩な動きをしますが
タンクテストで確認した限りでは
やっぱり全長の短いCD7改が
軽快にドッグウォークしてくれそうです。


CD9改だと、レスポンスが今ひとつかな?
タンクテストの場合、狭い浴槽で短いラインですから
広い現場で長く出したラインだと
まったく違う動きになるでしょう。

スライド幅の大きい水中ドッグウォークを
やってくれる可能性もありますけど
現場で試してみないことには何とも言えないなあ。


CD改には、写真の位置に厚めの板オモリを貼りました。
少しでも後方に重心をずらして
水中ドッグウォークの出やすいバランスにするためです。

画像














CD7改は、単色でつまらんので
マジックインキでレッドヘッドに塗りました。
マジックインキじゃ暗い血の色にならないけど
動きの強調はできるでしょうから
ぬるい動きのシンペンでも
それなりに効果はありそうですぞ。

レッドヘッド色の釣れる理由は
赤が攻撃本能に訴える波長の長い色であることと
赤白の境目ラインがルアーのアクションを強調して
魚の闘争心あるいは捕食本能を
刺激するからじゃないかと思っています。

釣れない色なら、とっくにレッドヘッドカラーなんて
廃れているはずだもの。

エアブラシがなくても
筆塗りで再現できてしまう便利な配色でもありますw

CDリップレス改に話を戻しますが
この位置にウェイト追加しても
沈下速度はそんなに変わらなそう。
ほぼ水平バランスですから
水の抵抗を受けてゆっくり沈むんだな。

それとても浅いポイントで使うには
沈下が早いため要注意です。
浅い場所は普通にフローティングミノーで
いいよね。

CD7改は、水平フォールでゆらゆら左右にローリングします。
CD9改は、あまり沈下時のロールは出ないなあ。
ボディの大きさの違いか?
形は、どちらも似ています。
但し、全長も横幅も全高も体積も
表面積も違っているし
内部のウェイト分布も異なるわけで
同じ動きになんかなるわきゃないな。

ロールが出れば魚が食うのかというと
それはわからんのですが
アクションの引出しは多い方がいいよね。

オモリ追加状態でも、
当然CD7改の方が
ロッドアクションで多彩に動きそうです。


動きだけ見た限りでは
夏場に小さなロングA13Aが実績を挙げたように
小さいCD7改の方が期待できるんじゃないかねえ。
魚の居場所に届くのであれば、という
条件がついて回るんだけどさ。


板オモリ足したって
リップを外したCD7改の総重量は
10グラムもないはずです。(測ってません。)

タックルは、もう一度考える必要があるかな?

ロッドはトラギアカスタム2種で
これは変えようもありません。


問題はラインとリールか。


リールは、軽量ルアー対応の
中空軽量スプール採用機種にすべきか?

アンバサダートルノ3004HSも
中空かつシャフト分離式の
いわゆる「ド外れ投擲設計」な
ぶっといVシェイプスプールを採用していますが
全パーツ組み付け状態のスプール重量は
17グラムほどあったはずですから
10グラム未満の軽いルアーだと
始動性の面で不利な可能性はあります。


レボエリートCBは
ずっと軽いスプールを標準装備していますが
最近の基準だと
わりと深溝なんですよね。あれ。

スプール1回転あたりのライン放出量は
あまり稼げない構造ですし
遠心オンリーのブレーキシステムで
ちょっと効き杉傾向もありますから
軽量ルアーの飛距離を期待するのは無理か?



となると、ここはマグかつ
スプールがぶっといリールを
選ぶことになるんかいのう。

そんなのウチの武器庫にあったっけ?

巨大ド外道とのガチ勝負を考えると
レボエリパワークランク用純正シャロースプールを
レボSTXファーストモデルに入れて
使うしかないんじゃねえの?

ABU4000用アベイルスプールの入る
シュプリーム2スピードを使えば
飛距離は出せるかもしれませんが
スプールの耐久力を考えると難しいかな。
それに、あれは現場でマグの微調整ができん。

00スコピ1001は左ハンドルで
使いやすいとは言えないしな。
マグじゃないけど、
ブレーキブロックは接触面積を落としてあって
軽量ルアー投擲に配慮された構造ではあるし
4×4SVSで外部調整はある程度期待できるのか。

他の機種だと
軽量ルアーの投擲性能は
あんまし期待できませんから
使用リールは再検討しなきゃならんですね。

案外、レボSTXに
レボエリートCBの純正赤スプールを入れて
コルクシートで下巻して
その上からラインを巻いて使うのが
正解かもしれません。

コルク巻いて少し重くなっても
トルノみたいにスプール単体重量は
重くならなくて済むと思うんだ。

うちのSTXは
パワークランク用8連装マグホルダーを搭載していて
それが重荷になって飛距離を殺すのか
逆に上手く制動をかけて飛行姿勢を安定させて
飛距離をいくらか伸ばすのか
実際使ってみないとわからない部分もあります。

おそらく、上記の状態のSTXなら
コルクシート巻いた状態でも
スプール重量は14グラム程度で済むかもしれません。
それならトルノよりはマシな使い方ができそうですね。
晩秋の冷え込みだと手が痛くなって
昨年の再現にならんか心配ではありますけど。


あと、ラインはどうするか。

デュエルカーボナイロン4号だと
飛距離の面ではちょっと厳しい気がしてきたよ。

ワンセットのタックルで
7グラムのミノーから
1オンス超の重量物まで投げようと思うと
4号が下限かなと思います。

14グラム以下のルアーに特化するのであれば
3号を選んでもいいかもしれません。

カーボナイロンは現状ナチュで手に入れているので
送料無料キャンペーンでもないと
発注しにくいんだな。
あそこは送料無料のハードルが最近上がってしまって
使いにくくなっちゃったものな。
ロッドもリールも揃っている今、
他に買いたいものなんてそんなにないぞ。


今シーズンの残り出撃回数は、
11月後半に2回程度かなあというところです。

タックルについては、もう少し検討してみます。

とにかく、遠くまでルアーをぶち込んで沈めて
トゥイッチングしてみるしかないですね。

普通の人がやらないポイント、やらない釣り方で
鈴木一族と対戦できるようになれば
ポイントの混雑問題は幾らか解決に向かうでしょう。




早く試しに行きたいわん。



















デュエルカーボナイロンには各色ありまして
管理人の手元にあるのは4号グレーです。

トラギア9フィートと同時購入だったと記憶していますが
春のシーズンを棒に振り、
夏はいつもどおり上州屋ドリームキャッチで通して
秋は未だ釣行の目処立たずのため
未だに開封していないという有様です。


軽いルアーを投げるだけだったら
2号でもいいかなとは思うのですが
巨大ド外道のスレヒットで
ルアーを持っていかれる可能性もありまして
どう考えても3号が下限で
通常は4号が標準
できれば5号という考え方をしてしまいます。

PEラインは、タックルにまともに衝撃が来てしまい
唯一無二のカスタムロッドや
型落ちで部品交換の難しいリールを使っている関係上
あまり望ましくないので
採用を見送っています。


カーボナイロンの選択は、
ナイロンでもなければPEでもない上に
フロロカーボンとも若干違うという
妥協案の結果ではあるのですが
フロロ風味をナイロンに加えた素材であるなら
硬くて伸びが悪いってことになるんでしょうか?

ま、使ってみりゃわかることだな。











那須晃太郎‬選手宮崎県日南市初凱旋‬
ランズエンド 宮崎大会開催のお知らせ


















【 ベアリング交換のススメ 】
ボールベアリングを交換すれば、回転が復活するかもしれません。

外径9ミリ内径5ミリ厚さ3ミリ
ダイワの古いリールは、大抵これです。
ファントムトーナメントSS-15
チームダイワTD-1Hiトーナメント
ミリオネアST−15AC
BW2
クロノス150のスプール固定ベアリング
トライフォースS153Bのハンドル側ベアリング




外径10ミリ内径3ミリ厚さ4ミリ
最近最も多いのはこれか?
アンバサダーのスプール内ベアリング
 SM3000C、SM1600C
 プロマックス3600
 トルノ3003、3004HS
シルバーマックス旧型パーミング部
シマノ アクシス100旧型
    97スコーピオン1500/1501
    00スコーピオン1000/1001
    ※いずれもシャフト両端
他多数




シマノ98バスワンXTの
追加ベアリングは
このサイズでOK。
てことは、05バスワンXTも
同型バスライズも同じかな?




レボSTXの
スプール固定ベアリングは
11×5×4なので
これだね。




弱ったメカニカルブレーキの
パッキンとして利用しています。
バルトムBC-X
中国マックスシリーズ
その他アンバサダー
※金属ノブのリールでないと
メカニカルブレーキノブが
割れるかもしれません。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
変熊「秋のトゥイッチングまつり」対応タックルを見直してみるテスト。 “ザ・フッコハンター”ドキュメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる