フルサイズベイトキャスティングリールの復権はあるか?



画像


















レボみたいな
最新フォーマットのリールを使っていて思ったのは
飛距離は従来品と大差ないってことかなあ。




なんというか
レボSTXにエリートCB用軽量スプールを入れたとて
軽いのを投げやすくなるだけで
飛距離そのものは大幅に延びるわけではないという事実があります。

各社の最近のリールは使っていないのでわからんが
サイズを無理やりコンパクトにしたせいで
キャスティング時のラインの負荷が増していて
大幅な飛距離増には結びついていないのかもしれません。

パーミングが飛躍的に快適となってはいるけれど
小型化は飛距離増の要素じゃなさそうね。


小さなレボと
現在の水準では無駄にでかく感じる
ご存知?アンバサダーSM3000C系を交互に使ってみると
レボの方が不利な部分もなくはないな。

スプール重量さえ同水準なら
シャフト分離式ウルトラキャストデザイン仕様の
SM3000Cの方が飛ぶかもしれんぞ。

レボは、各部強引にダウンサイジングしたデザインで
フレーム内の空隙は昔の大きな機種に比して
相当に狭いです。

レベルワインドとスプールの位置も
丸形並に近接していまして
ラインの放出抵抗は結構あるんじゃないでしょうか。

もともと非円形リールは
従来丸型のシンクロレベルワインドを廃して
停止型レベルワインドを採用し、
スプールの初動を軽くしつつ
ライン放出抵抗を軽減して飛距離を延ばすために
レベルワインドをスプールから離すデザインだったはず。

最近のリールは、スプール周辺のクリアランスだけは
昔の丸型に戻ったのかもしれません。


つうことは、昔のでかいフルサイズリールも
存在価値がなくなったわけじゃないんだな。

スプール周りに余裕があるし
レベルワインドもスプールから離れている分だけ
ラインがすんなり出て行っているはず。

大型化回帰の兆しは、
最近でもダイワであったと思うけど
あまり話題に上りませんね。

SM3000C系復活とまでは言わないけど
大きいボディのメリットもゼロじゃないので
次世代リールの要素として
今後は余裕あるサイズが注目されるんじゃないでしょうか。

昔に戻るんじゃなくて、
昔の大きさと今の構造のいいとこ取りみたいな
コンセプトで。

パーミング性と総重量が問題になりますかねえ。

単純に、トルノのVシェイプスプールが
全パーツ組み付け状態(糸なし)で15グラム未満に収まれば
軽いルアーもよく飛んで、
重いのもブレーキを弱めて飛ばせそうなんだがねえ。

早い話が、アベイルスプール入れたSM3000Cか
97メタってことかね?

シンキングペンシル長距離狙撃や
中低層シンペントゥイッチング作戦を考えているうちに
リールのサイズに思い至りました。

レボはかなり良いですが
ライン放出抵抗で損しているのは確実なんだわ。
レベルワインドでラインに縦横の角度がついて
相当なパワーロスが発生しているはずですからね。




今季最終決戦は、まだ微妙なところですが
秋の修羅場はなんとか乗り切れそうなので
予定どおり出撃できる可能性が高まりました。

それにしても、シーズン真っ最中に
3ヶ月もの空白期間が生じるとはなあ。
8月後半に入ってから
出動した記憶がないもの。

決死のクソ真夏炎天下突撃から
いきなり冬間近の最終決戦ってのは
今までにない展開だのう。
なんか体感温度的に落差が大きいわ。

今シーズンは
SM3000C系の出番が
まだなかったような気がします。

最終決戦での使用リールは
いっそSM3000C系で逝きますか。










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) Z 2020 SHL BLACK LTD 00613656
価格:55404円(税込、送料別) (2018/11/17時点)




ダイワ製のネックは
アフターサービスなんだよなあ。
一部パーツは修理対応のみで取り寄せ不可とか
あまりユーザーフレンドリーでない点が残念です。

うちの武器庫からダイワ製品が消えたのは
それが一番の理由だったような気がします。

シマノも、公式サポート打ち切り病がなければ
メインで長く使えるのになと思います。

アブは、レボSTXのような旧式機種のパーツを
どうやらわざわざ増産して
アフターサービス対応しているようですが
パーツ単価は一時よりもかなり高くなっていますね。
気安く注文できないパーツも出てきました。

シマノの精度とダイワのギミックと
アブ並の整備性を持ったリールが欲しいわあ。
武器庫が飽和状態なので
新しいのは買わないけどねw











那須晃太郎‬選手宮崎県日南市初凱旋‬
ランズエンド 宮崎大会開催のお知らせ












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

Lwing
2018年11月28日 20:48
ご無沙汰しております。
シマノの精度にダイワのギミックとアブのアフター。

全く同意見です。そんなメーカーがあったら良いですけどね。
2018年11月29日 23:24
>Lwingさん

ダイワシマノの整備性と
アフターサービスが
アブガルシア並みになるか
アブガルシアの精度が
日本製並みになるかしないと
解決しない問題ですねw

私は整備性と
アフターサービス重視です。
精度イマイチでも
壊れなければいいかなと。
のら犬
2018年12月02日 21:46
このアブのリールは海水にも対応しているのでしょうか?
私も海でベイトリールを使いたくてシマノのスピードマスターを購入したのですが、何度かしようしたら内部が錆びだらけになりダメにしてしまったので、また壊してしまいそうな気がしてなかなか購入する勇気がありません(^^;;
2018年12月03日 22:34
>のら犬さん

アルミフレームの
SM3000C系統は
特に海水対応ではないようですが
メンテナンスしやすい構造ですから
毎回分解して洗浄注油すれば
すぐにダメにはならないと
思われます。
壊れる所の少ない
T3000Cがお勧めです。
(2ボール1ローラーモデルです)

トルノは、樹脂ボディですが
分解組立がやや面倒なので
海での使用には
却って不向きかもしれません。
のら犬
2018年12月08日 13:24
なんか面白そうなリールですね…人生初のベイトリールがアブのリールで、赤の4600cだったと思います…高校の帰りにバイト代で買ったのを覚えています。
それ以外ではアブのリールを使用した事がなかったのでとても新鮮な気持ちになりました…中古品などで比較的安価で取引されているのも有難いですね(*^^*)
2018年12月09日 20:06
>のら犬さん

過去記事をご覧いただければ、
SM3000C系のリールが
他にない独特のデザインと
当時としては優秀な投擲性能と
卓越した整備性と
どう考えても無駄な耐久性と
指差し確認忘れたみたいな
スットコドッコイな各部仕様を
兼ね備えた変熊リールであることが
おわかりいただけると思いますw