更なる伝説が刻まれた「久々の2週連続釣行について」。

予定変更!
仕事の締切りが先送り!

午後は急遽突撃することになりました。

先週よりは、いくらかマシなコンディションのはず。
しかも大潮とくればチャンスはあるはずだぞ。


一気に河口付近最下流エリアまで下りました。
いや、向かい風とか
老化による足腰の弱体化とかwで
ややヘロヘロだったかもしれません。

アングラーは少ないな。
4月だというのに、
最下流エリアにはもう
海ゴキ○リ(船虫)がそこらじゅうを
ウロウロしています。
夏は、そりゃもう
「おびただしい(川口浩探検隊風)」
の一言でしょうな。

風は強いし
船は通りまくるし
波が立ちまくってドチャ濁りだし
小魚もいねえ。

バ○ブを投げまくったり
苦し紛れにヘンクマフラットシャッドを
シャクってみたりもしたんだが
不発!

海ゴキが気になって困るので転進!


最初のポイントでは撮影せず。
海ゴキが写ってしまうのでね。

画像



















タックルは、先週と同じ
トラギアティップトップカスタムの長い方、
レボエリCB黒
DUELカーボナイロン4号です。
ルアーも大体同じ。
ヘンクマでっかいシャッドを
使わないと思って置いて出掛けたくらい。


以前、BONさんが攻めたエリアの
ちょっと上流を攻めてみたが
不発不発で転進!
改めてワームのテストをしてみたが
ベビースラッゴー+1/8オンスブレットヘッドは
まあまあ狙った動きになっているかもしれません。


最後に訪れたエリアは
更に上流、
過去に幾多の伝説を生み出した
ポイントSNS+Eです。

読者歴の浅い方のために説明しますと
SNSとはもちろん
フェイスブックその他のあれではなく
「スズキ ニゴイ シジミ プラス エビ」の意味です。

人生初の鈴木一族捕獲
アングラー復帰後初の自己記録更新
人生初のニゴイ捕獲
人生初のシジミ捕獲
人生初のモエビ?捕獲

全て、このポイントでの釣果です。

普段釣れない反面、
釣れるときは激烈なミラクルが発生する
希望と恐怖のポイントですが
時間的に、今日の最終攻撃目標は
ここになってしまうんだな。


バ○ブやらワームやら
ヘンクマフラットシャッドやらを
ローテーション(実態はとっかえひっかえ)させて
攻め続けていたら
フックにゴミが引っかかってきました。

藻だか枯れ草だかのお馴染みのゴミですが
ゴミの中で何か白いものが動いている!?

なんだろうと思って手に取ってみたら
正体不明の謎の稚魚でした。

確かに、岸辺に何やら得体の知れない
マイクロ雑魚の群れがいますね。

この稚魚は
フックに刺さってきたわけではなく
ゴミに絡んだか
表面張力?でゴミにへばりついて
ルアーと一緒に揚がってきてしまったようです。
ピンピン動いて活きもいいね。

ということは、スレヒットではないし
以前のカニハンター事件のように
カニが勝手にラインに絡まって
とれなくなったというタチの悪い事故でもないので
レギュレーションには何ら抵触せず
ド外道捕獲ペナルティの対象とはなりません。

裁定は「セーフ!」

稚魚をリリースして戦闘継続するも
水は濁っているし、魚の気配は全然ないし
時折稚魚の群れらしきものが水面下でモゾモゾやってるだけ。

今回は、マグライトを忘れてきたので
日没まで戦闘するわけにはいかず
タイムアップになってしまい、
撤退することにしました。

岸辺で座り込んで、タックルを片付けていたときに
ズボンの膝に妙なものがついていることに気付きました。

何だこりゃ?

管理人の手相はどうでもいい。
画像



















拡大
画像





















さっきの稚魚!?
いや、形が全然違う。
こりゃエビだ。エビの子だ。
しかし何故?何時?
どうやって?
なんでこんなものがズボンについてるの?





















あ、ありのまま今起こったことを話すぜ!

「おれは、完全ノーヒット捕獲ゼロで撤退するはずが
いつの間にかエビの赤ちゃんを水揚げしていた」


な…何を言っているかわからねーと思うが
俺も何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった


知らないうちにルアーにひっついてきたとか
それが勝手にズボンに貼り付いていたとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


















ポイントSNS+Eで戦闘開始して、
既に30分以上は経過しています。
いつ管理人のズボンにエビが貼り付いたのか
まったく分からずじまいです。


手のひらに載せたエビ赤ちゃんを介抱するも
既に生命反応なし。




死亡確認!




まさかの2度目のエビ殺しとなりました。
ああああああああああ







死魚ペナルティに関しては
さすがにセーフというわけにはいかんでしょう。

息を引き取ったエビちゃんは水葬になり
管理人は久々の死魚ペナルティ適用により
次回釣行においては
「ベイトロッドとスピニングリールを組み合わせての
セルフ羞恥プレイ釣行」
を義務付けられることになります。


前回、初めての死魚ペナルティ適用による釣行が
2014年5月4日でした。
あのときもエビ。
ポイントはまさにSNS+E


ポイントSNS+Eは
今日から「SNS+EE(スズキ ニゴイ シジミ プラス エビエビ)」
となりましたw


くそう、締切り先延ばしは
練りに練られた謀略
いや神の仕組んだ罠だったのかw


貴重な次回釣行の機会を
セルフ羞恥プレイ釣行で消化しなければならないとはな。

早くも1発目のハードボイルドな運命が炸裂した
今回の釣行でありました。















クエント超文明の謎テクノロジーでもなければ
こんなことは起こらんよなw


このところ、釣行機会に恵まれなかったせいもあって
神の操作の恐ろしさを忘れていたよ。


次回のタックルはどうしようか。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

この記事へのコメント

BON
2019年04月27日 20:01
ブログタイトルのザ・エビハンター(3回目)で呼吸困難になりました(笑)

しかし、平成最後の獲物がエビとは…流石ですな(笑)

いやまた3日、まだ3日ある(震え声)
2019年04月28日 00:04
>BONさん

おそらく平成最後の獲物で
確定でしょう(ヲウヲウ)。

エビハンターもとうとう3度目で
ハットトリック達成ですw