ニューコンセプト・ヘンクママグナムのサンプルについて。


ハードウッドのナローリップなヘンクママグナム。

あれ? それっていつか作らなかったっけ?




弾薬庫を漁ってみたら
あったよ。

画像





















試製ディープダイビングヘンクママグナム9センチ
ハードウッドラトリンタイプフローティング。

熱心な読者様でも記憶しているかどうか。

管理人が生涯初の鈴木一族捕獲を果たした
ヘンクママグナムの始祖的ルアーです。

作ったのは90年代半ば頃か。
エアブラシで塗った割に
イケてない雑な外観がチャーミングだ。

世の中が第3次黒鱒釣りブームに沸き始めた当時
ディープダイビングミノーの試作品として
生み出されたモデルです。

ボディ素材は朴。
ステンフレームは0.8ミリバネ線。
現行ヘンクマルアーシリーズと異なり
強度重視の素材選択をしていました。
今見ると、ものすごく雑な作り方だなあ。
隙間は目立つし、仕上げは粗いし。


画像













ラインアイがリップ上に配置された
オフセットラインアイ形式?ゆえに
柔らかいステン針金では強度に不安がありまして
ディープダイビングタイプのルアーについては
バネ線でフレームを作っていたのです。

当時作ったディープダイビングタイプでは
唯一の生き残りかつ
唯一の捕獲達成ルアーだったんじゃないかな。

いや、まだ2本残っていましたw
画像
















画像がブログシステムに登録されていたので
過去に紹介したはずですね。

そういえば全然使ってないなこいつら。
釣れるかどうかも怪しいが。
ダメ元で宮崎に送ry






当時は、どうも動きのよろしくないバルサを捨てて
ハードウッドに移行し始めた頃でした。
ペンシルベイトもポッパーも
ミノーもバ○ブも
ハードウッドでひととおり作ったはずです。

余談ながら
それらの生き残りのひとつが
現在ヘンクマカスタムの中でも
ロリセイゴキラー地味に必殺ルアーと言われる
ヘンクマフラットサイドミノー
ウッド版9センチです。

画像













これまた90年代末期の作品で
まだヘンクマフォーマットが確立する前のルアーでして
セッティングがおかしいのですが
夏場の粗皮では効果的みたいですね。
ウッド版フラットサイドミノーも
いずれリメイクしなきゃならんようだな。


もしニューコンセプト・ヘンクママグナムを作るなら
冒頭のディープダイビングリップを
短縮したものを作ればいいことになりますね。



オフセットリップ型ヘンクママグナムを採用して以降
粗皮では8センチショートタイプを除いて
どうもイマイチ通用しないなと思っていましたが
おそらく遊泳レンジを浅く設定しすぎて
魚のいる水深を泳いでいなかった可能性あり。
チンピラが多く接岸する
夏場にしか通用しなかった理由が
今頃になってわかったw

過去に製作していたヘンクママグナム初期型では
ナローリップ故に少し深く潜る傾向があって
ボトムを打って未帰還になることが多かったです。

その代わり一定の捕獲実績を残していますから
潜らないことがオフセットリップタイプの
欠点だったのではないかと推察されます。

都内河川の透明度は正に雲古としかいいようがないので
他地域で有効なサブサーフェイス巡航が
あまり意味をなさなかったのかも。


ハードウッドの場合、素材比重が高くて
水に馴染みやすいルアーになりますから
トゥイッチでもアクションを出しやすいはずなんだよな。

浮力を少し抑えてスローフローティングにして
ナローリップを搭載すれば
テスター氏の言う「あとひと潜り」も
できるんじゃあるまいか。

根掛かり多発の可能性があるから
フックは縦アイシングル上向き装着推奨でしょうかね。
魚に持っていかれるならまだしも
自爆未帰還で合掌ではオサレじゃないし。

一度バルサを捨ててウッドを選び、
ウッドの硬さに閉口してバルサに戻り
今またウッドに戻ろうってんだから
ルアー製作ってのは輪廻する傾向があるようですな。

ウッドボディにステンレスバネ線フレームを使えば
耐久性の面では特に問題ないものが
できるのじゃないでしょうか。


まだウッド素材は手に入れていません。
在庫が豊富にないと
いい材料を選べないからね。

朴を使うのであれば
反りや曲がりがなく
かつ黒すぎず白すぎないのが使いやすいです。

黒すぎると割れやすいし
白すぎると硬くて削っていられないのです。



次回ルアー関係記事は、
ナローリップ採用の理由について語る予定です。

続く。






















この記事へのコメント

BON
2019年06月29日 05:34
シンキング、欲を言えばサスペンドと思っていましたが、スローフローティングいいですね!

ヘンマグが単純にシンキングになったらいいんじゃないかと思って重りを付けて試してみたら、全くいい所無しで危うく未帰還になりかけた事件もありました(笑)

ちなみに僕の攻め方だと、渓流向けのルアーを参考にすればいいのでは無いかと、某釣れ釣れブログのばん〇くさんからアドバイスを頂きました(笑)
2019年06月30日 10:07
>BONさん

フローティングモデルの重量を上げて
シンキングの比重にしてしまうと
単純にリップ面積が
不足するんですよね。
ラパラのCDSR8も
通常のSSR8よりワンサイズでかい
SSR9用のリップがついています。

浮力を残さないと
損失率は抑えられないので
スローフローティングが
無難ですかね。

複雑な流れに対応できるよう
安定性重視のバランスには
なる予定です。