ヘンクママグナムMK2.5?


シーズン中にもかかわらず
6月に続き7月も出撃なしという
異常事態ですw

来年も7月は出動不可能なことが
既に確定しています。
7月がすっかり繁忙期になってしまったのよ。

8月は、なんとかハードボイルドスズキ釣りを
再開できる見込みなんですが
土日のいずれかは美人秘書1号が出勤して
一緒に仕事を片付けることになるため
8月の出撃もせいぜい2回が限度でしょうか。


インドアでもできる変熊活動というか
少しでもアングラーらしい行いといえば
目下、新型ヘンクマカスタムルアーの
開発、製作ってところですかね。


7月の修羅場も何とかクリアしたので
画像のアップロードを試してみました。
ウェブリブログのシステム大改悪後初ですね。

IMGP3932.JPG





形式上は、ヘンクママグナムMK2.5ということになるのか?
MKII用に作ったボディを無理やり流用して
新型MKIIIフォーマットにでっち上げた
動作検証用モデルになります。

もう1本、同じものを製作中する予定です。
作りかけは2本あったのだ。


IMGP3934.JPG






オモリは、ガン玉6Bを2個タンデムでぶち込んで
プラリペアで封入してあります。
位置は概ねいつも通り。
ウェイトも、ガン玉のストックがなくなり次第
スチール球かブラス球に切り替えようね。
今後作るハードウッドモデルなら
バルサの半分の量のウェイト投入で済むわけですし
できるだけ環境負荷の低い素材を選ばなきゃ。


IMGP3935.JPG






IMGP3933.JPG




リップ周りは、ちょっと理想と違う形になったかな。
本来はMKII用のレイアウトを
無理やりMKIII用フォーマットにねじ曲げて作っているから
(実際ラインアイをねじ曲げてる)
ラインアイを前に出し杉かもしれない。

リップも形状が半端だのう。
ポリカ板の端材を適当に削ったので
仕方ないけど。



レイアウト上は、これでも泳ぐはずですが
狙った動きになるかどうか。

リップは、またプラリペアで増積しながら
目当ての動きを探せばいいか。
煮詰まった時点で新しいリップを切り出して
交換すればいいんだし。


ハードウッド正式版MKIIIのボディ形状は
もっと頭が小さくなる予定です。
バルサは、強度的な問題があって
どうしても頭をでかくしたくなるのね。
バルサは柔らかいもんだから
素材の体積を稼いでおかないと
簡単にパリッと逝ってしまうから。
ラパラSRの細いテールなんかが良い例ですね。






明日は天気さえ良ければ5月以来の出撃になる予定です。




「鈴木一族! 宣戦布告だ!
行くぞ! おまえたちのところにッ!
ぼくは、おまえらにとって脅威のアングラーとなるだろう!」













本文とは全然関係ないが販促。


















この記事へのコメント