たまにはルアーくらいいじろう。


武器庫からスピナーベイトをサルベージしました。


IMGP3942.JPG



1992年頃に作ったヘンクマカスタムルアーシリーズの始祖
ヘンクマスピナーベイト試作最初期型です。

まだヘッドが残っていたので
わりと見られる出来のものを選んで
ありあわせのパーツをつけてみました。

六角ワイヤーフォームは
いくらか後年の採用になります。
当初は普通のワイヤーフォームのスピナーベイトでした。

刺さりやすくバレにくく
ヘッドが水平に泳いで
障害物を乗り越える際には横転しやすい
かつ魚が食いやすい
そんな形を目指した結果ですが
検証できていないな。

このルアーが完成した当時は
もう鈴木一族との戦いが始まる頃で
黒鱒釣りには行かなくなっていたのです。

後年、江〇川で外道として釣ってしまいましたが
そのときのスピナーベイトは
ヘッドを作り直した改良型だったのね。


ナマズ釣りで出番があると思って
ワイヤーをいじって
パーツをつけてみたのです。

ヘンクマ自作ステンレスブレイドも
搭載しています。
バイブレーションがきつくて
リトリーブがしんどいか?



フックはがまかつ製なので
無駄に鋭いですw
30年近く放置していても
鋭さは変わりませんね。
全部カエシを潰してバーブレスにしてあります。
当時既に変熊式ハードボイルドフィッシングのお約束である
「全ルアーバーブレス例外は認めない」が
実践されていたことを裏付ける遺産ですな。


アッパーアームを折り曲げたモデルは
当時既にあったように思いましたが
ローアアームを曲げたモデルは
今もあまりなさそうだな。
どうだったっけ?

ラインアイ部分からヘッドのノーズの間に
1か所折り曲げ部分があるのは
ノーズ部分の曲げ角を浅くして
少しでも金属疲労を抑える効果があるのと
ローアアームと魚の口の接触可能性を軽減して
魚が確実にヘッドを食えるようにしたためです。

こうしとけば
アームが魚の口の邪魔をせず
フックがラインアイに対して
内角抉り込む「ネムリポジション」になるので
フックアップ率も上がるかなあと思ったのでした。

また、前方に張り出したローアアームは
進行方向に対してアームの角が突出するためか
障害物を乗り越える際に
ヘッドがヒラを打ってアクションに変化が出るのです。

黒鱒には有効な形だと思うんだが
実際はどうなのかなあ?

曲線湾曲形状ではありましたが
一時、ゲーリーヤマモトのスピナーベイトが
そういう設計思想で作られていましたね。
公式サイトで最近のモデルを確認したら
ローアアームはまっすぐでした。残念。


スピナーベイトの場合、
ヘッド先端とフックポイントを結んだ線が
水平を維持して泳ぐのであれば
ヘッドは水平移動していると考えています。

IMGP3943.JPG









魚がターゲットを後ろから追尾して反転食いする場合
水平に泳いでいるか否かで
捕獲率が変わるんじゃないでしょうか。
魚の口の構造は、基本的に上下に開いて
水平なものを咥えやすくなっていますから
ここは大事なところなのでは?

今作るなら、もっとヘッドの形は
吟味して作るかな。
このスピナーベイトを作っていた当時は
管理人もまだヘンクマスキルを獲得する前だったので
これ以上作り込みようがなかったというのもあります。

スピナーベイトは、フックとワイヤーを組み合わせて
エポキシパテでヘッド原型を作って
それを石膏なり耐熱シリコンゴムなりで型取りしてから
フックとワイヤーを組んだものを型に挟んで
溶かした鉛で注型すればヘッドは作れます。

自作はお勧めしませんが。

石膏を使う場合は、完全に水分が抜けて硬くなるまで
鉛を流すのは避けましょう。
水蒸気爆発で溶解した鉛が四散すると
火傷だけじゃ済まない場合もありえますから
要注意なのです。

最近では
電気式メルトポットも
ネット通販で入手できるようなので
可能であれば導入してもいいのかも。


先日購入の18グラム級スプーンも
フックを取り付けてみました。

IMGP3944.JPG
















下野桜鱒には
がまかつススキ18号ベースのシングルを取り付けました。

ダイワの血抜くSは、公称17グラムなんですね。
付属トリプルフックは外して
環付きソイバリのでかいのを装着しました。




最終決戦使用タックルは
悩むなあ。

それよりも、バンダイビークルモデルのXウィングを
いつ塗装するかの方が気になっているので
アングラーとしてはリハビリが必要ですねw
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント