2019年をハードボイルドに締め括った「シーズン最終決戦報告について」。


前回釣行は8月じゃなくて
9月1日だったようです。

それにしたって3ヶ月も空白があったわけだw
もう12月ですよ。
本来ならセルフ禁漁期間ですよ。


本当に釣りに行かないシーズンだったな。


結局、土日祝関係なく業務に足を引っ張られているので
久しぶりの釣行が最終決戦となってしまいました。


11〜12月の時期は
本命鈴木一族の捕獲実績はないので
(バラシ実績はある)
キャスティング練習のつもりで出動しました。



寒々しい12月の景色です。
IMGP3957.JPG


避難勧告まで飛び出した例の台風のあとで
釣行するのは今回が初めてでしたね。
大量の土砂を被って
河川敷グラウンドが使えなくなっているらしいですね。
いつものアパッチ野球軍が全然いねえ。


本日のタックル。
IMGP3956.JPG

タックルその1
ロッド:トラギアティップトップS906Hヘンクマカスタム
リール:アンバサダートルノ3004HS
※(5.3:1プロマックス低速ギア仕様)
ライン:デュエルカーボナイロン4号

タックルその2
ロッド:バスワンXT1551ーPヘンクマカスタム
リール:98バスワンXTヘンクマチューンド
ライン:デュエルカーボナイロン3号

最終決戦恒例の2本差ですが
今後はタックルを1本に絞ろう。
邪魔なだけだったw
バスワンはモアザンリフレクターをつけて
数回投げただけ。


流れが全然ないな。
そういえば、全くタイドグラフを確認してなかったw
上げのタイミングだったはずなんだけど
風もなく水は止まった感じ。

比較的水深があって水温も高そうなところを
狙い撃ちしたんだけれど
シンキングミノーは不発。
水温は13度ありました。
思ったほど低くないな。

ヘンクマ必殺ハゼワームは
どうも底で障害物に食われたらしく
唐突に未帰還…。

最終決戦では高確率で発生するルアー損失です。
今シーズンの激少ねえ釣行回数で
ルアーロストとはなあ。
いや、以前も全く同じコースでワームが未帰還になっていたか。
歴史は繰り返しますね。


気を取り直して、ヘビーウェイトスプーンも投げてみました。
うん、よく飛びますね。
飛距離は十分出ます。

水底でトゥイッチング祭りをやるには
良い具合かもしれません。

結論から言うと、安定の不発だったのですが。

3ヶ月ぶりのフィールドで名残惜しかったですが
もう1回だけ投げるかと思って
スプーンを遠投してカウントダウンして
ボトム付近をリフトアンドフォールしていたら
ルアーがズンと重くなりました。

…動かん。

どう考えても根掛かりです。
ありがとうございました。

よりによって、本日デビューの
新品下野サクラマス18グラムが捕まってしまった…。

諦めてタックルを置いて
ラインを手で手繰ったんだが
…切れねえ!?

なぜかラインを切ることができません。
カーボナイロン4号って、こんなに強かったか?

どうも根掛かりが動いているようです。
何を引っ掛けたんだろう?

グ〜ッと引っ張っていると、
…と水中で動いている様子。
トン袋か何かか?
切ろうに切れないんですよこれが。

もしかしたら回収できるんじゃねえの?
と思って、以降ラインをじわじわ引っ張る作業が
続いたのでした。

手繰ったラインをリールに巻き込んで
更に引っ張っているうちに
「…ひょっとして、水○体でも引っ掛けたか?」
と不安になりましたw

いやさすがに水死体は勘弁してほしいわ。
流域ではちょくちょくド○えもんが発見されているし
こないだの台風は、あの広大な河川敷が水没してたんだし
原住民の1人や2人流されて沈んでても
全然不思議じゃないものな。
台風由来のドザえもんなら
時期的にバチやエビの餌になっていたり
微生物に分解されていたりで
きれいに白骨になっていそうなものですが
こうなりゃ引っ張り上げて正体を見極めてやるか。

しかし、途中で完全に動きが止まってしまい
とうとうビクとも動かなくなり
プッとラインが切れて 糸冬 了。

さすがの晩秋
間もなく日没という時間になってしまい
徒労感にまみれて
1釣行でルアーロスト×2という近年稀な記録も残して
撤退することになったのでした。



ああああああああ

やっぱり何が沈んでいるのか
さっぱりわからない粗皮では
ヘビースプーンは頭の良い手じゃなさそうね。

水中でクルクル回ってしまうであろうスプーンは
トリプルだろうとシングルだろうと
引っ掛かって未帰還になるようです。

シンキングミノーやバ○ブであれば
縦アイシングルフックを上向きセッティングにしておけば
かなりの確率で生還しますし。
今後はやはりミノーやバ○ブ主体で考えるべきか。
実際、縦アイシングル採用で損失率は減っているんだし
消耗率とコストを考えると
スプーン作戦はあまり有効とはいえません。


こんなことなら最終決戦は諦めて
11月が終わった時点で潔く
「シーズン 糸冬 了」
にしておいた方が賢明だったよな。
後悔先に立たずとはこのことか。




最終決戦=ルアー損失というお約束が
そろそろ成立しつつあるようです。

最終決戦といえば
ルアーロストかド外道捕獲かで
ろくな成果は出ていませんね。

今日は他のアングラーも全然見かけませんでしたし。


チクショウヘビースプーン作戦は廃案にしよう。
あんなに簡単に未帰還になるようじゃ
スプーンが何本あったって足りないし
ワームもオープンエクスポージャのジグヘッドは
あっさり引っ掛かって回収不能になっちまう。

ジグヘッドもセルフウィードレスに絞ろう。
うっかり底まで沈めてしまうと
かなりの高確率で引っ掛かるね。

オフシーズン中に
春秋の使用ルアーを再検討すべきことに
気付かされたのでした。
さて、どうしよう?

なんとも不完全燃焼どころか
一酸化炭素中毒のオマケ付きのような
非常に煮え切らない展開かつ
ハードボイルドもきっかり炸裂しつつ
管理人の2019年シーズンは 糸冬 了 です。






来シーズンも管理人と地獄に付き合ってもらう!









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1/35 ベルゼルガWP ST版(装甲騎兵ボトムズ)【BK-213】 ウェーブ
価格:3880円(税込、送料別) (2019/12/1時点)



ダイビングビートルが発売されたから
おそらくWPも出ると思ったが
やっぱり出ましたね。

うちにはタカトミAGのベルWPがあるので
プロスペック版のバーグラリー待ちです。
ちなみに、以前手に入れたラビタコは
全くの手付かずでオフィスのクローゼットに
絶賛死蔵中なのでした。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

BON
2019年12月02日 09:11
今シーズンもお疲れ様でした!

最終決戦を予定していたのに、まさかの私自身が年内は未帰還という年越しもベッドの上で過ごすという空前絶後のハードボイルドを喰らってしまいました…

今シーズンはヘンマグの相次ぐ戦死で心配をお掛けしましたが、来シーズンも地獄に付き合います!
k
2019年12月02日 22:14
ヘビースプーンIN中禅寺湖では・・・もちろん寝係はありましたがそんなに悪くない結果でしたよ。フックをシングル化したら違うんじゃないかと。
SK
2019年12月06日 23:13
>BONさん

御見舞申し上げます。
入院って退屈なんですよね。

最新型ヘンクママグナムのボディは
3本とも削り出しが済みました。
ラパラの白ドス
いやセラミックナイフは
もう手放せそうにないです。
SK
2019年12月06日 23:22
>kさん

都内粗皮の水底には
夥しい謎の物体Xが沈んでいるらしく
実に不可解な根掛かりが多発するのです。

単純なストレートリトリーブなら
水底を打つことはなさそうなので
ちゃんと帰ってきたかもしれません。

クォイ師のおっさんが
とんでもない太さのPEを使っていて
根掛かりを切れずに
手元で糸を切るケースが多いそうな。
今回は、その糸に
引っ掛けた可能性もあります。

今回死亡時のフックは
ススキバリ18号シングルでした。
ひょっとしたらデカすぎたかもしれませんが
あれより小さいと回っちゃうし
市販のルアー用フックはパワーロスが多くて
使う気になれないのでした。