8か月ぶりに出動してみた。


2月にしては激暖かくなるということなので
(実際暖かかった)
テストメニューを一気に消化すべく
出動しました。

公式には禁漁期間なのですが
17バスワンXTだのラパラCDカスタムだの
現場で投げてみないことには
話の進まないアイテムが増えましたからね。


昼前くらいに荒川某所にてテスト開始。

IMGP4213.JPG


本日の装備は

ロッド
ファインパック210ヘンクマカスタム

リール
シマノ17バスワンXT150

ライン
DUELカーボナイロン4号


予備リールは、トルノ3004HSを
持っていきました。
これは使わず。


普段使っているようなルアーを
一通り17バスワンで投げてみました。

バスワンのスプール軸両端ボールベアリングは
純正をとっとと外して
ミネベアのオープン型に替えてあります。

オイルは、バスワン付属の純正オイルを
ベアリングとシャフト、ブレーキパイプに
それぞれ垂らして使いました。


SVS2個オンで使ったら
割とバックラッシュ多発でしたw

風は弱かったんだがなあ。
オープンベアリングで
ブレーキパイプにも注油してるから
全然ブレーキが足りないようだ。

メカニカルブレーキはフリーでした。

コーモラン製と思われる
パチロングA13Aから
ラパラSR8
ヘンクマクランク2種
ヘンクマでっかいシャッド14センチまで
あれこれ投げてみたところ
普段使うルアーで投げにくいものは
特にないようです。

飛距離もまずまず。

SVSは3個オンで使うのが
無難かねえ。

ギア比7以上のリールを使うのは
今回が初めてでしたが
特にハンドルが重いということもなく
リトリーブが早すぎることもなく
普通に使えそうではあります。

気付かない程度にハンドルが重くて
早巻きになりにくいのか?

メカニカルブレーキは、適度に締めないと
バックラッシュ多発しますね。
何度か糸がもつれました。
但し、簡単に修復できるレベル。

今回は、テストの都合で
バスワンをファインパック210に載せて使いましたが
今後はスクランブル用装備として
ホリデーパックカスタム専用リールにします。

無理に酷使しなければ
17バスワンは十分使えそうだなあ。



続いて、ルアーのテスト開始。

ヘンクマクランクは、試製甲型が
やっぱりバランス不良でまともに泳がねえ…。
プラリペアでリップの裏打ちをしたくらいじゃ
シングルフックになった埋め合わせができんな。

フックが軽すぎてバランスが取れないみたいです。

クランクでありながら、トゥイッチングで
右往左往させるバランスで作ったものだから
フックが大幅に軽くなると
ひっくり返ってしまって泳がないんだ。

これは、フロントフックハンガー周辺に
オモリを1個埋め込んで対応しようと思います。
浮力には余裕があるから大丈夫でしょう。

ヘンクマクランク試製乙型は
リップ裏打ちでいくらか
投げやすくなったのか?
数回投げてラパラCDに付け替えたから
よくわかりません。
試しに実戦配備します。

注目のラパラCDヘンクマカスタムですが
CD9カスタムは予想以上に泳ぐんだな。
但しそれはスローリトリーブでの話。

ちょっとでも早く引くと
リップのパワーが強力すぎて
これもひっくり返るようだw

リップ位置が大きく前進したせいで
相対的にリップのパワーが
強くなりすぎたみたい。

沈めてトゥイッチした動きはもの足らんが
今までとは違うシンキングだし、
純正よりはパニクった動きになるか。

これはリップを小型化して
もう1回テストするしかねえなあ。

フックは、海津15号を付けていました。
最初は小さい丸せいごバリでテストしたんですが
どうも安定しないと思って
海津15号に替えたのですが
あまり変わらなかったな。

リップの根元を細く絞って
水が胴体下側に抜けやすくなるよう
修正します。

リップ自体も全長を詰めた方がいいな。
普通にリトリーブする限りでは
もっとリップは小さくても動作しそう。

CD7カスタムも投げて動かしてみました。

こちらは、CD9よりも首を振りやすいですね。

ロングA13Aに比べたらイマイチながら
純正CD7よりは機敏にダートするんでないかい?
ただ、早く引くとルアーが右へ逸れるんだ。
管理人から見ると左手方向だね。

よく見ると、CD7カスタムは
リップが若干斜めに着いてしまったみたい。
リップ右側が若干前に出ている。
リップに当たった水がルアー左側へ流れるから
どうしても右へ逸れるらしい。

これはリップを削って対処できるものかなあ?

CD9はボディ容積に比して
鬼のようにウェイトをブチかましてあるから
案外アクションのバランスがシビアだ。

CD7カスタムもCD9カスタムも
リップはやや小型化する必要があるようです。

テストしていて思ったが
今まで使っていたロングAや
ヘンクマカスタムと比較しますと
それらよりもやや深い層で
アクションしているようです。

フローティングミノーよりも
30センチ以上は深い層を
通っているんじゃないだろうか?

投げた直後はカウントダウンして沈めていますし
途中でも手を止めてカウントダウンすれば
ルアーが浮き上がりにくいので
もっと深い層でアピールできているかも
しれません。

キャスティング性能は、CD9に関しては
明確に上がっているかも。
純正リップ状態での失速感が
かなり軽減されているようです。

CD7は、
あまり純正状態を使ったことがないので
よくわかりませんが
軽いわりに投げやすいか?
これまた失速感はあまりないです。

ラパラCDカスタム計画は、
更にチューニングを突き詰めて
理想のリップ形状を出せば
使える武器になる可能性ありです。

ワームを使うのと同じ感覚で
トゥイッチできるのはいいんじゃないか?

ラパラCDというベースモデルがあるから
完全自作のヘンクマカスタムに比べたら
かなり短期間で用意できるのは嬉しいな。
しかも、他に使っている人もいないし
混んでいるときの切り札にだってなるだろう。


昨年6月の出撃を最後に
フィールドから遠ざかっていましたが
やっぱり外に出てキャスティングするのは
楽しいものです。


さあ、次回出動時は
ドキュメント史上初の
「まともなスピニングタックルでの釣行」
を考えています。

いよいよカーディナルC5の出番だぜ!
(あくまで予定)












[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDL-1040 オープン NMBステンレス1個
価格:209円(税込、送料別) (2020/5/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDL-1150 オープン NMBステンレス1個
価格:209円(税込、送料別) (2020/5/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDL-1150ZZY04 NMBステンレス1個
価格:275円(税込、送料別) (2020/5/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDR-830ZZ NMBステンレス1個
価格:275円(税込、送料別) (2020/5/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDL-950ZZ NMBステンレス1個
価格:264円(税込、送料別) (2020/5/31時点)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント