テーマ:コネクター式GA/NA規格フジグリップ

カスタムロッド10本目について。

変態専用 スーパースペシャル“エコノミー” カスタムベイトキャスティングロッド名鑑を 久しぶりに更新しました。 http://fukkohunter.at.webry.info/201006/article_15.html 鱒レン4フィートヘンクマカスタムを 追記しています。 この鱒レンでカスタムロッド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GUTS鱒レンジャー4FT弐ヘンクマカスタムが完成したかもしれない。

やけにコーティングに手間取った 鱒レンカスタムが完成したと言っても良いかなと思って 写真を取りました。 土日と、2月にしては不気味に暖かく、 サラッとエポキシを塗り重ねてみたのでした。 さすがの薄め1発塗り。 気温の高さもあってしっかり硬くなったずら。 写りがよくねえw …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鱒レンジャーヘンクマカスタム製作記「今年最後のハードボイルドが炸裂したようだw」。

写真は、スレッド巻き終了後の仮組み状態です。 97メタ左を載せています。 ノーマルスプールな上にSVSは自家製で マス対応は無理臭いですな。 ダイソーエポキシのラッカーシンナー割りで スレッドのコーティングを始めたわけですが 3回目の塗り重ねでちょっと濃いのを重ねちまったらしく 硬化する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鱒レンジャー4フィート改造計画「ガイド糸巻きが完了した。」

前回記事でスローペースと言いながら 一気に進んでしまうラヂカルな製作工程です。 ナイロンループの巻き込み方向を間違えていて 最初の1個の巻き付けを3回やり直したのは内緒だ。 スレッドは黒。 グデのナイロンスレッドしかないんだ 仕方あるまい。 このグデブロッドスレッドは 2001…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鱒レンジャー4フィート改造計画「コネクターの仕様を変更した。」

GUTS鱒レンジャー弐4フィートのカスタム化が スローペースで進行しています。 年内完成は無理かな。 年末年始でフィニッシュできる仕事を 全て終わらせておきたいので ロッドいじりは難しいかもしれない。 コネクターまわりの部品構成を 一部変更しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GUTS鱒レンジャー4F弐ヘンクマカスタム製作中。

今回のベースロッド。 ★ Guts【ガッツ】鱒レンジャー4feet価格:1,763円(税込、送料別) オフシーズンと言えば 装備増強期間です。 1年以上前に購入した鱒レン4フィートの 改造に着手しました。 春秋の引越しやら業務の混乱やら ファインパックの強化改修やらで 忙しくて手を着けられなかった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シマノバスライズ(ロッド)オワタ \(^o^)/

http://fishing.shimano.co.jp/search?pcat1=2&pcat2=24 たまにシマノ公式サイトを覗いてみれば バスライズがラインナップから抹殺されていました。 モデルチェンジはないの? だったらルワーマチックのラインナップも 増やしてくれよう。 バスライズ1652-2の中古を見つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャストエースHC、4600C、ヘンクママグナム9センチ2号「全部まとめてテストしてみた。」

早朝テストに行ってきました。 テストしたのは 今回初の出動になるジャストエースヘンクマカスタム7フィート3インチ まだ軽いルアーのテストが済んでいなかった4600Cガンナー 完成したばかりのヘンクママグナム9センチ2号です。 ジャストエース改は、かなり扱いやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次回入魂予定ロッドはこいつだ!

ジャストエースヘンクマカスタム7フィート3インチ モバイルベイトキャスティングロッドです。 6フィート4ピースMのブランクをベースに 現行バスワンのガイドセットと 自作コネクターを駆使して 手持ちのGA規格フジグリップに接続した ヘンクマカスタムロッドです。 写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついにトラウマを克服して2ピースロッドを持ち出してみた。

過去のトラウマの詳細については こちらを参照してください。 以来、管理人は バッグにすっぽり仕舞うことのできる モバイルロッド病に冒され 仕舞い寸法の長いロッドが使えない体になっていました。 力石を死なせたあとの矢吹丈みたく なっていたわけだ。 まあ、最愛の変態カスタムロッド バスワンXT1…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

この際だSK専用カスタムロッドの名称を“HENKUMA CUSTOM”に統一しようw

ウェブリブログに出戻って 「変熊対応」に苦しめられることは なくなったんだが。 アメブロは相変わらず 「孫悟空のギフト」とやらの表示が消えねえw しかし、何か足りない。 この寂寞としたフィーリングは一体何だ? 「変『熊』」というキーワードが どうやら管理人の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フジGH15(NA規格)ハンドルにトルノ3004HSを装着できるか?

結論 着けることはできますが やめた方がいいね。 一見大丈夫そうだが リアのフット先端の角が かろうじて引っ掛かっているだけみたいだ。 トルノのフットは樹脂製だから 角だけ引っ掛かった状態だと 破損の危険がありますね。 アルミフレームSM3000C系だと ふつうに装着できるのにな。 ただ、アルミフレーム3000C系の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンバサダートルノ3004HSと00スコ1001に重大な欠点判明。

GA規格フジグリップに合わんじゃないか…。 トルノはフットの幅があり過ぎて、リア側をどうしてもセットできず。 スコは、そもそも足回りに変な突起があって シートに全く収まりません。 最近のリールだと合わないものが多いと聞いていたが さすが2000年前後に登場したリールだ。 もうフジグリップのことなんか 一切考えずにデザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のロッド製作の費用について。

ジャストエースブランクを利用して作った PCT604M改7フィート3インチです。 ブランクは、送料込みで5千円ちょっとじゃなかったか? もう詳しい額は忘れた…。 ガイドは、買い足したNOG1個を含めても 2千円いかないね。 バスワンR用のOリングガイドは一式頼んでも 税込で1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐突に新作カスタムパックロッド「ジャストエースPCT604M改7フィート3インチ」完成。

「改」ってえと、ちょっと変だな。 今回は、既製品の改造じゃなく 市販ブランクから組んだから。 ブランクの品番を尊重したネーミングなだけ。 メーカー公称スペックは画像のとおり。 以前、鬱パックロッド製作中の事故で カッとなって購入したブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジグリップと振出コンパクトロッドを組み合わせて究極の変態ベイトロッドを作れないだろうか。

機動性には問題がありそうだが、 手持ちで一番長いGH15(NA規格コネクター)と 210の20号クラス振出コンパクトロッドを組み合わせて 8フィートクラスのロングロッドを作れないか思案中です。 機動力は振出ロッドに負けるだろうけど 河口域で4600Cガンナ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

振出ベイトロッド改造用のリールシートについて。

振出ロッドは、バット部分のブランクが かなり太いものばかりで 意外と使えるリールシートが限定されます。 振出コンパクト210クラスなら わりとそうでもなさそうだけど 長いサイズだとどうかな。 ロッド購入時には、 ちゃんと元径を確認した方がよいです。 私の知る限り、富士工業トリガーシートだと 最大内径は22ミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりにフジグリップで変態ロングベイトロッドの建造を計画してみよう。

自転車からの脱落事故で死亡した 故シマノ・バスワンXT1652-2改7フィート10インチです。 最近は、モバイルロッド専門になった関係で この手のロッドは全く使わなくなってしまったが モバイルロッドの制約がないロッドを作りたい気がしないでもない。 バスライズ1652-2を調達して改造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の目標は脱モバイルロッド?

バッグに仕舞えるコンパクトロッドに 偏重しているフッコハンターです。 あいかわらず道具の模索は続いていて 昨年はカスタム振出ベイトキャスティングロッドで 全てのミッションをこなしたわけなんですが ひとつ困ったのはアンバサダー46ガンナーの運用。 リールの背が高すぎて、 ブランクスルーハンドルではうまく扱えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドのグリップ撤去作業について。

リールシートを別のタイプに換装したいとき。 ロッドレングスは変えずにグリップレイアウトを変更したいとき。 ロッドの性転換手術(スピニング→ベイトか その逆)をしたいとき。 グリップ撤去作業をしたくなるのは そんな時だと思います。 ただ、自力でやるとなると手順すらわからず 手をつけられずにいるアングラーは少なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱パックロッドが意外に快調!?

通称「鬱パックロッド」こと OGKパックキャストS604MLC改6フィート8インチです。 もとは、6フィート4ピースのバス用ベイトパックロッドでした。 GA規格フジグリップを使うことで、 ご覧の通り4ピース+ハンドル着脱式の 変態仕様となっております。 改造製作中の事故でテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せっかくのカスタムロッドが出番なし。

今年1月に当ブログで完成させた、 フジグリップ搭載スーパースペシャルカスタムチープロッド アルファタックル(エイテック)製 WIZZ バストラッカーEV-602ML-C改7フィートが まったく出番なしで死蔵在庫化してしまいました。 昨年自転車事故で自爆死亡した バスワンXT1652-2改7フィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱パックロッドのグリップ交換作業。

作業も何も、GA規格フジグリップを 長いのから短いのに替えるだけさ。 本日、隅田川に出撃してきましたが 寝坊で早朝出撃を逃がし 急な仕事のオファーのせいで午後の出撃もタイミングが狂い 長時間粘ることができず 当然のように玉砕。 試投まがいの釣りでお茶を濁してきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の試投まつり第3弾「鬱パックロッドとS1600Cのテスト。」

土日とも用事が入り まともな出撃は断念して 空いた時間に試投のみ行ないました。 パックキャスト改は、トップガイドが巨大化したことで 少し安心して使えるようになりました。 やはり、物凄くトップガイドが目立っていて 何だか違和感ありまくりです。 でかい上に、トップだけクロームメッキフレームだから とんでもなく目立つん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バスライズ改7フィート10インチ改造着手?「Oリングガイドを調達してきました」。

パックキャスト改用に使ったOリングトップガイドと一緒に NOG12番ダブルフットガイドも購入しています。 もちろん、昨年購入したバスライズ1652-2の 改造の伏線となるパーツです。 いつでも改造に着手できるように パーツだけ確保しておきました。 ちなみに、バスライズ1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬱パックロッドのトップガイド交換。

二度にわたる試投の結果。 トップガイドを交換することになった パックキャスト改6フィート8インチです。 そもそも、このスットコドッコイ鬱仕様改造パックロッドのトップガイドが ニューコンセプト用SiCになってしまったその理由は、 ティップ折れのためブランク直径が太くなり 他に適合するサイズが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジGAコネクター式グリップの運用状況について。

富士工業製GA規格のコネクター式ベイトキャスティングハンドルは 写真の通り3本を保有しています。 上から、セミダブル延長改造モデル。 ダブルリアグリップ22センチモデル。 セミダブルリアグリップ19センチモデルです。 今シーズンより、バストラッカー改7フィート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more