ラパラCDヘンクマカスタムのテスト 第2ラウンド。

ドキュメント史上初!

今日のテストフィールドはED川
いや江戸川某所なのだった。

IMGP4221.JPG


江戸川なんて、何年ぶりだろう。
2001年12月に
アクシス100を入手して以来
江戸川には逝っていなかったと
記憶しています。

当時は、荒川よりも江戸川の方が
水は綺麗だし生命感はあるし
巨大ド外道はたくさんいるし
突撃して楽しいフィールドではありました。

当時のめぼしい獲物は、
自作のスピナーベイト(しかも無塗装)で
交通事故的にヒットさせた
小さい黒鱒1匹だけで
あとは巨大ド外道のスレヒットに
おちょくられただけでしたか。
本命鈴木一族は全然釣れなかったわ。


今日は、風も強くて
前回より寒かったが
また仕事が混む前に
ラパラCDヘンクマカスタムの
テストをやっておきたかったのです。

強風で、ルアーのコーティング作業も
できなかったからな。

風が強いと、ベランダに置いている
ドブ漬け乾燥用段ボール箱が
ひっくり返って大惨事につながるのです。

漬けた直後のルアーが
ベランダに散乱した日にゃ
コーティング面がグチャグチャかつ
埃だらけになってしまって
復旧に手間を食われますからね。


CD9カスタムについては
前回テストでリップのサイズオーバーが
問題になりました。
ちょっと早く引くとアクションを失って
ひっくり返って水面に飛び出すのです。

そこで、尖ったリーフ形状だった先端を
切り落として六角コフィン形状にしました。
リップ付け根も左右を削り込んで
少しでも水を逃がす形状にします。

IMGP4219.JPG


水がリップ付け根で逃げれば
抵抗過多によるオーバーアクションで
ロールしすぎてひっくり返る前に
振り子の原理で元へ戻って
ルアーの姿勢が保持できるはずなので。

リップ全長もやや短くなるわけですし
アクションは安定するだろう。


CD7も、リップ付け根の左右を
削り込んで水を逃がすようにしました。

IMGP4220.JPG

棒引きアクションは、前回の時点で
ほぼ合格だったので問題なし。

ルアーの軌道が右へ逸れる問題は、
リップ左側をヤスリで少し削り込んで
抵抗を減らすことで解決を試みました。

投げて引いてみないとわからんな。


昔攻めた江戸川のポイントは
さすがに様変わりしていたな。

以前はなかった護岸があったり。

あの頃は詳しいタイドグラフを
見ないで突撃していたから
目当てのポイントのテトラが
完全に水没してしまっていて
攻められないなんてことが
よくありましたね。


今日のタックルは
CDカスタムをワームのように
運用することが必要と判断しまして
ロッドはトラギアチプトプの705MH
ヘンクマカスタムフェイズ2を選びました。

延長グリップを兼ねる下栓に
ラバーグリップを被せまして
ハンドル部に外観上の統一感を出しています。

見た目はヤクザな出来ですが
実用上は問題ありません。
下地に両面テープを巻いておくのを
忘れずに。

熱収縮ラバーグリップ被せて
温風当てて縮めただけじゃ
滑って回ってすっぽ抜けるでしょう。

リールは、久々出番の
トルノ3004HS(3号機)ヘンクマチューンド。
ハンドルがモラムの中古に替えてあって
ノブが幅広になっています。
ギアは丸形プロマックス用の5.3:1に変更済み。
オリジナルよりもゆっくり巻くことができます。

ラインはDUELカーボナイロン4号です。


今日はえらい強風でして
本当に30分ほどCDを投げて引いて
動きを確認しただけで帰ってきましたw
気温はだいぶ高くなったけど
外で吹き曝しだとさすがに寒いわ。


CD9は、リップの抵抗が減少したのか
いきなりひっくり返って
水面に飛び出すことはなくなりました。

しかし、高速で引くと
まだ飛び出すこともあるようです。

なんか、すごく不安定ですね。

早めに巻いてくると、
ラパラ式のアクションで泳ぎつつも、
時々フラッと軌道が逸れるときがあるみたい。

ラパラの佐渡おけさリップ搭載ルアーで
そんな動きを狙ったのがなかったっけ?
スキャッターなんとかとかいうやつ。


強風ですが、バックラッシュは起きなかったね。
本当にラパラCDかというくらい
投げやすくなっています。
リップは小型化して
取付位置も前進して
角度も純正より浅いんだ。
空気抵抗の問題が軽減するのは当然か。


ロッドでアクションさせてみると、
前回よりも左右の動きが出しやすくなったみたい。
派手にロールしながら水中ドッグウォーク
できるかもしれません。

同じボディで、リップを変えただけで
こうも変わるものなのか。

CD9カスタムについては
コフィンリップの先端の角を
丸める程度の調整であとは大丈夫でしょう。

今シーズンは、使える武器が一つ増えるな。

続いて、CD7カスタムのテストに入りました。

すごい風だが、シンキングで
CD9同様の改造を施していますから
キャスティング時のトラブルはありませんでした。
向かい風じゃなかったせいもあるけど
純正よりは相当安定した飛行姿勢じゃないかな。

トゥイッチしてみると、思ったよりも
動きがイマイチだ。
ターンピックダートアクションが
冴えないな。

リップを削った割に、
棒引きで右へ逸れるクセも解消できず。
もっとザックリ削らないとだめなのか。

風裏のポイントで動かしてみると、
純正状態よりはロッドの動きに
良く反応しているようです。
期待したほど踊ってないが。

これは、まだリップがデカい上に
左右のバランスがとれてないのかな。

リップの丈は変えないで
リップの左側を少し削り込んでみようか。

リップがデカすぎて、左右へ突っ込む動きに
ブレーキをかけているのかもしれないし。

管理人が狙っている動きは
ロッドアクションで左右に逸れるだけでなく
ロッドアクションを食らうたびに
そこそこ大きく横転し、
動きを止めたときにゆらゆら
1~2回ローリングする動きです。

過去、ヘンクマフラットシャッドが
夏の浅場で一定の実績を上げましたが
(食わせただけでほとんどバラしたが)
あれも止まった時のユラユラが
魚に強く訴えていた可能性ありです。

止めたときのロールの出し方が
フローティングとシンキングじゃ
全然違うんだね。

ラパラCD9は、ユラユラが
元来出やすい構造みたいで助かった。
ベースモデルとしては
うってつけだったってことか

さて、戻ってリップを削るかな。

強風のために体感温度が下がってしまったので
退却することにしました。



今まで攻めきれなかった中層を
ラパラCDヘンクマカスタムで攻められるなら
今まで成果を出せなかったポイントで
実績を上げることができるんじゃないか?

近年は、日中でもスズキ釣り師が増えてしまって
まともにポイントを回れません。

他のアングラーと競合せず
何もないポイントで魚を誘い出そうと思ったら
誰もやっていないポイントで
誰も持っていないルアーを使い
誰もできない方法で
新しい秘技を編み出すしかないでしょう。

キャット空中三回転的な
対スズキ釣り用必殺技を編み出すためには
フィールドそのものと
ルアーそのものを見直す必要があります。

他の人は、日中はバ〇ブのド遠投早引きしか
やってなさそうよ。

また、CDヘンクマカスタムは
ノーマルCDよりも明らかに飛びます。
余計に何メートル飛んでいるかはわかりませんが
投げやすいということは
トラブルも特に起きず、
飛距離も普通に出せるってことです。

重心移動ミノーに勝てるとは思わんが
ノーマルCDよりは安定して飛ばせるだろうに。

元は同じルアーだもの。
1メートル余計に飛んでいれば御の字だよ。


今シーズンのテーマの一つに
ラパラCDヘンクマカスタムのチューニングを
加えておきましょうね。

うまく逝けば、この改造流行るぜ。
うまく逝けば、だけど。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDL-1040 オープン NMBステンレス1個
価格:209円(税込、送料別) (2020/5/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDL-1150 オープン NMBステンレス1個
価格:209円(税込、送料別) (2020/5/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDL-1150ZZY04 NMBステンレス1個
価格:275円(税込、送料別) (2020/5/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDR-830ZZ NMBステンレス1個
価格:275円(税込、送料別) (2020/5/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニチュアベアリング DDL-950ZZ NMBステンレス1個
価格:264円(税込、送料別) (2020/5/31時点)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

門松屋
2021年02月28日 15:46
>SKさん

お疲れ様です

>早めに巻いてくると、
>ラパラ式のアクションで泳ぎつつも、
>時々フラッと軌道が逸れるときがある
>みたい。

よく言う千鳥アクションって言うのでしょうか。
最近のミノー系ではこの動作するルアー
は多いですよ。
頑張ってスズキ族確保してくださいね。
SK
2021年03月05日 18:44
>門松屋さん

市販の重心移動ミノーだと
ウェイトが遊動式ですから
流れの状況や巻き始めのタイミングで
時折ふらつく貧血アクションが
出やすいのでしょうね。

固定重心では
エラく難しいですが
CD9カスタムは
かなり際どいバランスなので
変な動きが出やすいのかも
しれません。